税金・税務署

消費税、納税額の計算、具体例で解説

事業で納税する消費税の計算方法です。

180217001

消費税を納税する仕組み、納税額の基本

  • (売上で預かった消費税額)ー(仕入で支払った消費税額)
    =(消費税の納税額)

消費税の納税額は、売上で預かった消費税額から、仕入れや経費で支払った消費税額を差し引いた金額が、納税する消費税額です。

具体例、消費税の納税額の計算方法

消費税の具体的な計算例です。

売上1,080万円、仕入648万円の場合

消費税率が8%で、売上が1,080万円なら、消費税を80万円預かったことになります。
この80万円が、消費税の納税額ではありません。

商品を仕入れる時には、消費税を支払っているので、その消費税額を差し引くことができるからです。
仕入れが648万円なら、消費税を48万円支払ったことになります。

消費税の計算式
  • (売上で預かった消費税額)ー(仕入で支払った消費税額)
    =(消費税の納税額)
  • 80万円ー48万円
    =32万円

この「32万円」が消費税の納税額になります。

消費税が書いていなければ、強制的に税込価格です。

どっちかわからない場合は、強制的に税込価格です。

売上で消費税を受け取っていなくても、消費税込の金額で販売したと、みなされます。
また、仕入の時には、消費税を支払っていなくても、消費税込の金額で購入したと、みなされます。

会計上は、消費税が書いていなければ、売上も仕入も、強制的に税込価格になります。

ただし、消費税がかからない不課税取引、非課税取引、免税取引の場合は、当然消費税はかかりません。

全ての取引の消費税を記録する。すごく面倒です。

簡易課税制度なら、面倒な消費税の帳簿の記録が不要です。

消費税を納税するためには、全ての取引の、消費税額を帳簿に記録する必要があります。

免税事業者であれば、売上でも仕入でも、消費税込の総額だけを考えれば帳簿が作れます。売上が1,000万円を超えたら、消費税を区別した帳簿を作らないといけません。

これって、すごく面倒なことです。でも、ご心配なく。
小規模な個人事業主には、「簡易課税制度」という、救済措置があります。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-税金・税務署

関連記事

個人事業主の消費税は絶対に、簡易課税方式を選択する理由

絶対活用したい、消費税の簡易課税制度。メリットは主に、この2つです。1.帳簿が、全て消費税込で、簡単に作れる。2.消費税の納税額が減って節税できる。

住宅ローン控除の手続きだけは、すぐ税務署に質問していい理由とは?

住宅ローン控除のことなら、税務署へ聞いても損することはありません。逆に、住宅ローン控除以外の節税方法は、税務署へ問い合わせると、損することがありますよ。

消費税の仕組み、免税・課税事業者の条件、売上1,000万円超

事業をはじめて、売上が1,000万円を超えたら、消費税を納税します。ただし、売上が1,000万以下の小規模な事業主には、消費税の納税を免除してもらえます。

消費税は、かかる?かからない?不課税取引、非課税取引、免税取引

不課税取引、非課税取引、免税取引。この3種類が消費税がかからない取引です。消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸し付けや役務の提供などの取引に、課税されます。

売上を間違う、売上をごまかす、どうなるの?

税務署をナメると痛い目にあいますよ。売上は絶対抜かず、正々堂々と経費を増やしましょう。現金商売は、特に狙われてます。銀行口座は全て税務署が監視、税務署の情報収集能力をナメちゃいけません。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。