税金・税務署

Googleアドワーズと消費税、課税取引でリバースチャージ、でもほとんど免税

GoogleAdWordsへの支払いは、リバースチャージ方式

GoogleAdWordsへの支払いには、消費税は含まれていません。

グーグルアドワーズへの支払いは、消費税の課税取引になりますが、Googleが国外事業者のため、消費税が含まれていないのです。
Googleアドワーズの消費税分は、自分で計算して税務署に納税する必要があります。

これをリバースチャージ方式といいます。
ただし、ほとんどの場合は納税が免除されます。

Googleアドワーズと消費税

Googleは国外の事業者でです。

Googleアドワーズのような、インターネット広告料の支払いは、電気通信利用役務の提供に該当する取引になります。
消費税の課税事業者の場合は、GoogleAdWordsの消費税の会計処理が必要になります。

消費税の免税事業者の場合は、当然グーグルアドワーズの消費税分も免税となるので、消費税のことは、考えなくて大丈夫です。

国内取引と国外取引の判定基準

判定基準は、お金を払う者の住所です。

国境を超えた役務の提供では、消費税の課税対象となる国内取引かの判定は、役務の提供を受ける者の住所で判定します。

  • 役務の提供を行う者、お金をもらう者
  • 役務の提供を受ける者、お金を払う者

Googleアドワーズは、課税取引です。

Googleアドワーズは、国内取引になり、消費税の課税取引です。

  • 役務の提供を行う者、Google。
  • 役務の提供を受ける者、自分。

自分は、国内の個人事業主なので、国内取引。
よって、Googleアドワーズは、国内取引なので、消費税の対象となる、課税取引になります。

リバースチャージ方式とは

料金を支払った事業者が、消費税を別途納税する、通常とは逆の納税方式です。

通常、消費税は、役務の提供を行った者が、料金を受け取り、料金とともに預かった消費税を納税します。
リバースチャージ方式とは、海外の事業者が役務の提供を行う場合に、国内の役務の提供を受けた者に消費税の納税額を義務を課す方式です。

料金の支払いを受ける国外事業者は、日本の税務署へ消費税は納税しません。
そのため、通常とは逆に、料金を支払う事業者が、消費税を納税するのです。

Googleアドワーズでは、役務の提供を行うGoogleが国外事業者のため、広告を依頼する国内の事業主に、消費税の納税義務が発生する、リバースチャージ方式に該当します。

リバースチャージ方式の免除

実際には、多くの場合で、納税が免除されます。

Googleアドワーズでは、広告を依頼した国内の事業主に、消費税の納税義務が発生します。
Googleに支払った金額の8%を、別途、消費税として納税しなきゃいけません。
このリバースチャージ方式ですが、当分の間は、多くの人が免除されることになります。

リバースチャージ免除の条件

このどちらかに該当した場合は、リバースチャージが免除されます。

  • 課税売上割合が95%以上の場合
  • 簡易課税制度を適用している場合

消費税の簡易課税制度を申請していれば、リバースチャージによる納税は必ず免除になります。

課税売上割合の計算式です。

  • (課税売上)/((課税売上)+(非課税売上))
    =(課税売上割合)

Googleアドセンスなどの、不課税取引での売上は、課税売上から除外します。

ほとんどの個人事業主では、課税売上割合が95%以上になるので、リバースチャージは免除されます。

ただし、不動産取引などの非課税取引が多い事業主は要注意です。
そのため、賃貸住宅を経営している人などは、課税売上割合が95%未満となるので、原則課税方式なら、リバースチャージ方式が免除されません。

Googleアドワーズと消費税のまとめ

簡易課税制度なら、確実にリバースチャージ方式は免除です。

  • Googleアドワーズは、課税取引。
  • リバースチャージ方式で原則納税する。
  • でもほとんどの場合が免除。

小規模な個人事業主は、簡易課税制度を適用すれば、Googleアドワーズの消費税は、確実に免除でOKです。

不動産業者が、Googleアドワーズを使っている場合は、リバースチャージ方式で消費税を納税する可能性があります。

消費税の関連記事

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-税金・税務署

関連記事

消費税は、かかる?かからない?不課税取引、非課税取引、免税取引

不課税取引、非課税取引、免税取引。この3種類が消費税がかからない取引です。消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸し付けや役務の提供などの取引に、課税されます。

消費税、納税額の計算、具体例で解説

消費税率が8%で、売上が1,080万円なら、消費税を80万円預かったことになります。この80万円が、消費税の納税額ではありません。商品を仕入れる時の消費税額を差し引くことができるからです。

よくある誤解、2箇所から給与をもらうと、必ず確定申告。税務署に確認しました。

2箇所から給与をもらうと、確定申告が必要だ、という誤解があります。副業のアルバイトの年収が、20万円以下なら確定申告は不要です。

所得税、住民税の支払い、勘定科目は「事業主貸」仕訳の具体例、個人事業主の複式簿記

所得税と、住民税の支払いは、事業の必要経費にできません。個人事業主の会計処理では、「事業主貸」の勘定科目を使います。事業主貸の逆が、事業主借の勘定科目です。複式簿記の仕訳を、具体例で、丁寧に、紹介します。

住宅ローン控除の手続きだけは、すぐ税務署に質問していい理由とは?

住宅ローン控除のことなら、税務署へ聞いても損することはありません。逆に、住宅ローン控除以外の節税方法は、税務署へ問い合わせると、損することがありますよ。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。