青色申告のメリット 青色申告の手続き・書類記入例 青色申告決算書の勘定科目

青色申告特別控除、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

白色申告にはない、青色申告だけの節税メリットです。

青色申告特別控除とは?

「青色申告特別控除」とは、個人事業主の青色申告決算書に出てくる、特別な勘定科目です。

  • 正規の簿記は、65万円の特別控除
  • 簡易な簿記は、10万円の特別控除

この特別控除は、所得から控除して節税できる青色申告の特典です。

ちなみに、法人の青色申告では、特別控除はありません。

青色申告特別控除と、所得控除との違いは?

課税所得の計算式です。

課税所得の計算式
  • (所得金額)=(事業収入)ー(必要経費)ー(青色申告特別控除
  • (課税所得)=(所得金額)ー(所得控除)

青色申告特別控除は、所得控除ではありません。
所得控除とは、「課税所得」の計算にあたって納税者の個人事情を加味するため、「所得金額」から差し引くものです。

青色申告特別控除は、「所得金額」そのものを減らすものです。

また、青色申告特別控除は、必要経費とも違うものです。
必要経費と、青色申告特別控除は、どちらも所得金額の計算では、事業収入から差し引けるのは同じです。
しかし、青色申告特別控除は、必要経費には含まれない、特別な控除として、租税特別措置法の第25条の2で規定されています。


これで私は青色申告しています。

記入例、青色申告決算書の青色申告特別控除

青色申告決算書の書き方です。

青色申告特別控除の金額は65万円が上限。
事業の利益から、特別控除を差し引いた金額が、「所得金額」です。

青色申告決算書1ページ

まずは、1ページの控除前の所得金額(43)を計算します。

160328-5

帳簿の売上金額や経費から、「青色申告特別控除前の所得金額(43)」を計算します。

青色申告特別控除前の所得金額(43)を、 青色申告決算書2ページの(7)に、転記します。

青色申告決算書2ページ

「青色申告特別控除の計算」の欄です。

160103-2

事業所得だけで、不動産所得がない人は、(6)は空欄です。
(7)の金額は、1ページから転記した青色申告特別控除前の所得金額です。
事業所得だけで、不動産所得がない人は、(8)も空欄です。

(7)の金額と、650,000円の少ない方の金額を(9)に記入します。
この(9)が、65万円が上限という計算になります。

(9)の金額を、1ページの「青色申告特別控除(44)」に転記します。

青色申告決算書1ページ

青色申告特別控除の金額を記入します。

160328-6

「青色申告特別控除(44)」に、青色申告決算書2ページの(9)の金額を転記します。

事業所得は、青色申告特別控除の後が、所得金額です。

160328-8

青色申告決算書1ページで、(43)ー(44)を計算すると、「所得金額(45)」になります。

この「所得金額(45)」が、所得税の計算の基礎となる、事業所得での所得金額です。

事業所得とは、青色申告特別控除を差し引いた後の、所得金額のことです。

節税のポイント、青色申告特別控除

所得金額を減らせば、節税できます。

青色申告決算書の中で、計算した青色申告特別控除を差し引いた金額が、所得金額になります。

この所得金額は、所得税の計算の基礎になり、少なければ少ないほど税金も少なくなります。

青色申告に対応した会計アプリでは、青色申告特別控除は、入力する必要はありません。
アプリで、自動的に青色申告決算書まで、作成してくれます。

帳簿はアプリで作成して、確定申告では国税庁HPの確定申告書作成コーナーなどを利用して、青色申告決算書を自分で作成することもできます。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-青色申告のメリット, 青色申告の手続き・書類記入例, 青色申告決算書の勘定科目

関連記事

発生主義と現金主義、どっちもアプリで簡単です。

発生主義は、売掛金や買掛金の勘定科目を使って帳簿を作成する方法です。帳簿は、原則として、発生主義で作成します。しかし、個人事業主では現金主義で帳簿を作成している人も多くいます。

継続性の原則とは?勘定科目の継続性について

勘定科目は個人事業主の判断で、どの勘定科目にしても構いません。重要なのは、一度決めた勘定科目を、継続的に使うことです。これを会計の”継続性の原則”といいます。

地代家賃、青色申告決算書の勘定科目

地代家賃は、事業用に借りている、建物や土地などの費用の勘定科目です。プライベート兼用の家賃の場合は、家事按分して経費にします。

貸倒引当金、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

貸倒引当金とは、将来の貸倒れの可能性に備えて、一定の金額を、その年の利益から減らす勘定科目です。貸倒引当金は、単に納税の先送りをしているだけなので、無理して使う必要はありません。

青色申告決算書、収支内訳書の勘定科目を理解しよう。

青色申告決算書には、あらかじめ指定された勘定科目があります。損益計算書と賃借対照表を、青色申告決算書では作成します。その中で、最初から指定されている勘定科目があるんです。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。