節税テクニック・生活費を経費に 青色申告決算書の勘定科目

地代家賃、青色申告決算書の勘定科目

地代家賃は、事業用に借りている、建物や土地などの費用の勘定科目です。

18020501

地代家賃(経費)とは?

  • 事務所や店舗の家賃
  • 自宅兼用事務所の家賃
  • 駐車場、倉庫、土地の賃貸費用

プライベート兼用の家賃の場合は、家事按分して、事業割合を必要経費にします。

事務所などの購入費用は、固定資産の建物に計上し、減価償却費として経費にするため、この地代家賃にできません。

事務所だけじゃなく、自動車を使う事業の場合は、駐車場代が地代家賃の勘定科目で経費にできます。

定期契約している駐車場代が、この地代家賃になります。
出先で使用したコインパーキングなどは、旅費交通費です。


これで私は青色申告しています。

節税のポイント、地代家賃

個人事業主にとって、節税の大きなポイントです。

自宅で仕事をする個人事業主の場合は、家事按分した賃貸住宅の家賃が地代家賃になります。

生活費として支払っている、毎月の家賃の一部が、事業の経費にできて、その結果、所得税や住民税が節税できます。

家賃は金額が大きいので、事業の経費にすると、かなりの節税が期待できます。

持ち家の場合は、地代家賃にできません。

持ち家の費用は、地代家賃にできません。

地代家賃の勘定科目は、賃貸住宅などの家賃です。
自分が所有する持ち家や、分譲マンションの場合は、地代家賃の勘定科目にはできません。

住宅ローンを借りて、持ち家を購入している場合は、毎月の住宅ローンの返済があると思います。
しかし、この住宅ローンの返済は、事業の経費にはできません。
借入金の元金の返済は、事業の経費にできないのです。

でも、持ち家関係の費用を経費にする方法も、ちゃんとあります。
詳しくは、リンク先を見てください。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-節税テクニック・生活費を経費に, 青色申告決算書の勘定科目

関連記事

経営セーフティ共済は、必要経費ですよ、所得控除じゃなくて。弱点あるけど上手に使う方法。

使い方によっては、個人事業主の節税の切り札になるのが、経営セーフティ共済です。私みたいな日々、収入の低下の不安を感じている個人事業主にとっては、ありがたい制度です。複式簿記の仕訳の具体例も、紹介します。

青色申告特別控除、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

青色申告特別控除とは、青色申告決算書に出てくる特別な勘定科目です。白色申告にはない、青色申告だけの節税メリットです。

友達との飲食代も接待交際費。事業で必要だと説明できればOK。

個人事業主の接待交際費のポイントは、事業に必要だと説明できるかどうか。それで経費になるか、ならないかが決まります。

家事消費、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

家事消費とは、販売する商品を、自分で使った場合の勘定科目です。家事消費の金額が多くなると、売上が多くなるのと同じで、税金が高くなります。ただし、勝手に家事消費の金額を、少なく計算することはできません。

外注工賃、青色申告決算書の勘定科目

直接雇用している人は給与賃金、雇用していない人は外注工賃です。青色申告決算書、外注工賃は2つあり、製品の製造に関わることを外部に依頼して、費用を支払った場合は、製造原価の「外注工賃」になります。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。