青色申告の手続き・書類記入例 確定申告の体験談

青色申告のはじめ方、書類、手続きは、こうします。

青色申告の手続きの手順です。

青色申告の手続き、始め方。所得税の青色申告承認申請書

青色申告には、申請手続きが必要です。
何も手続きをしなければ、自動的に白色申告になってしまいます。

青色申告を始めるには、その年の3月15日までに、税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出すればOKです。
確定申告の期限は翌年の3月15日なので、確定申告の1年前が提出期限です。

開業と同時に、青色申告を申請する場合。

開業したら、開業手続きと同時に青色申告も申請しましょう。

個人事業の開業と同時に、青色申告を申請する場合は、「所得税の青色申告承認申請書」と同時に、もう一つ書類を提出します。
それが「個人事業の開業届出書」です。

この「個人事業の開業届出書」は、個人事業を始めた場合には、必ず提出しなければならない書類です。
白色申告の人でも、「個人事業の開業届出書」だけは提出します。

すでに開業した時に、開業届出書を提出している人が青色申告を申請する場合は、青色申告承認申請書だけ提出します。

個人事業の開業届出書の提出を忘れていた人は、青色申告の申請とあわせて、開業届出書を提出しましょう。
たとえ開業届出書の提出を忘れていても、税務署の人は、あまり気にしないので、大丈夫です。

青色申告承認申請書の提出期限

青色申告は、ちゃんと期限までに手続きした人限定の、節税メリットです。

青色申告承認申請書は、青色申告する年の3月15日までが、提出期限です。

例えば、平成30年分の所得税を、青色申告をする場合は、青色申告承認申請書の提出期限は、平成30年3月15日までです。
確定申告書の提出期限は、平成31年の3月15日までです。

確定申告の期限は、翌年の3月15日なので、青色申告承認申請書は、確定申告をする1年前が申請期限です。
確定申告の直前に、青色申告に変更したくなっても、できません。
手続きの期限には、十分注意しましょう。

青色申告の申請書類は、1度提出すれば、毎年提出する必要はありません。
その後も継続して青色申告ができます。


これで私は青色申告しています。

1年の途中から、事業を始めた場合の提出期限

1年の途中から事業を始めた人の特例です。

1年の途中から事業を時始めた方は、事業を開始した日から2ヶ月以内が提出期限です。

相続で事業を継承した場合の提出期限は次の通りです。

  1. 相続を開始した日がその年の1月1日から8月31日までの場合・・・相続を開始した日から4か月以内
  2. 相続を開始した日がその年の9月1日から10月31日までの場合・・・その年の12月31日まで
  3. 相続を開始した日がその年の11月1日から12月31日までの場合・・・その年の翌年の2月15日まで

申告納税制度では、手続きも自己責任です。
申請期限に注意して、青色申告の節税メリットを活用しましょう。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-青色申告の手続き・書類記入例, 確定申告の体験談

関連記事

記入例、開業届出書、開業と同時に従業員を雇用して給与を支払う場合。画像で具体的に丁寧に

個人事業の開業届出書で、従業員への給与支払いを、同時に申請できます。開業届出書に、従業員の雇用を記入すれば、「給与支払事務所等の開設届出書」の提出が不要になります。

記入例を画像で解説「減価償却費の計算」青色申告決算書3ページ、個人事業主の確定申告

具体的に、丁寧に、画像付きで説明します。青色申告決算書で、減価償却費を計算するのは、青色申告決算書3ページの「減価償却費の計算」欄です。

記入例、開業届出書は結構テキトーでOK?、画像で具体的に丁寧に

個人事業主デビューとなる書類、個人事業の開業・廃業等届出書。細かいことで悩まず、まずは届出書を提出しちゃいましょう。提出時期は、開業後1ヶ月以内です。でも、実際は遅れても全然大丈夫です。

家事消費、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

家事消費とは、販売する商品を、自分で使った場合の勘定科目です。家事消費の金額が多くなると、売上が多くなるのと同じで、税金が高くなります。ただし、勝手に家事消費の金額を、少なく計算することはできません。

継続性の原則とは?勘定科目の継続性について

勘定科目は個人事業主の判断で、どの勘定科目にしても構いません。重要なのは、一度決めた勘定科目を、継続的に使うことです。これを会計の”継続性の原則”といいます。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。