節税テクニック・生活費を経費に

家賃を経費にして節税しよう。個人事業主の仕訳の具体例を紹介

賃貸住宅の家賃を経費にして節税、仕訳の具体例も紹介します。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

家賃を経費にする。個人事業主の会計処理

個人事業主なら、家賃で節税しましょう。

賃貸住宅で暮らす個人事業主なら、賃貸住宅の家賃を事業の経費にして、節税できます。

家賃は支出の中でも、金額の大きな支出です。
個人事業主では、収入が少ないうちは特に、家賃を経費にするだけで、大きな節税効果が見込めます。

  1. 個人事業主である。
  2. 自宅が賃貸住宅
  3. 自宅で仕事をしている。

この場合は、必ず家賃を経費にしてください。
家賃のうち、事業で使用する割合が経費にできます。

自宅で仕事をしている人。

自宅で仕事をしてることが条件です。

仕事専用の事務所がなく、自宅で仕事をしている個人事業主は、家賃が確実に事業の必要経費になります。

また、昼間は仕事専用の事務所で仕事をして、夜間だけ自宅で仕事をする場合も、その自宅の家賃は、事業の経費にできます。
だって、自宅を使って、仕事をしてるんですから。

ただし、家賃の全額が事業の経費にできるわけではなく、経費にできるのは、仕事で使用している事業割合だけです。


たくさん税金払うの好きですか?

事業と家事、家賃の按分の具体例

家賃を事業の経費にする割合は、自分で決めてOKです。

事業で使用する割合を、家事と按分して、必要経費にします。
仕事で使用する部屋数、時間、面積などで割合を決めてください。

例えば、2LDKのうち、1部屋を仕事専用にしてるなら、3部屋中の1部屋で、30%。
1ルームマンションでほとんど仕事しているなら、80%。

昼間は事務所で仕事して、夜間の6時間2LDKのうち1部屋を仕事に使ってるなら、20%。

こんな風に、一定の基準で家事と事業の割合を、自分の判断で決めてください。

生活用の部屋とは別に、仕事専用で部屋を借りているなら、100%を経費にして構いません。

さすがに、生活と仕事の兼用なら、100%経費にするのはダメ。
経費の割合は、常識の範囲で決めましょう。

持ち家の場合は?

持ち家の場合でも、自宅で仕事をしていれば、持ち家にかかる費用を事業の経費にすることができます。
次のリンク先のページを確認してください。


これで私は青色申告しています。

家賃の他にも、共益費・駐車場代・仲介手数料なども大丈夫。

もちろん、家賃に付属する費用も、事業の経費にできます。

共益費、管理費、火災保険料など

  • 共益費
  • 管理費
  • 火災保険料

これらの家賃に付属する費用がある場合は、それも含めて事業の経費にできます。
もちろん、家賃と同じ割合で、事業と家事を按分します。

賃貸の駐車場代も経費にできます。

借りてる駐車場の費用も、事業で自動車を使用していれば、経費にできます。

自宅で仕事をしていても、事業で自動車を全く使用していない場合は、経費にはできません。
この辺は、常識の範疇で判断しましょう。

駐車場を事業の経費にする割合は、自動車の使用頻度から決める割合を使いましょう。

契約の費用も経費にできます。

賃貸住宅を契約する費用も経費にできます。

契約時の仲介手数料、礼金なども、按分して経費にしましょう。

賃貸住宅の新規の契約や、契約更新で必要な費用も事業の経費にできます。

ただし、敷金だけは経費にできません。
敷金は、一時的に大家さんに預けてるだけで、退去する時に返金されるお金だからです。
ただ、敷金のうち、退去時に返金されなかった金額は、按分して事業の経費にできます。

仕訳の具体例、家賃を事業の経費にする。

地代家賃の勘定科目を使います。

具体例1、プライベート口座から、銀行振込で支払い。

事業主の生活資金での、立て替え払いとして会計処理ます。

借方

貸方

地代家賃 50,100円

事業主借 50,100円

家賃が10万円の自宅で仕事をしている個人事業主が、家賃を支払った場合の仕訳の具体例です。
事業割合50%です。

仕事用ではない事業主のプライベート生活用銀行口座から、大家さんの銀行口座へ振り込みで支払います。
支払いの振込手数料は200円で、この200円も家賃に含めて会計処理します。

家賃の総額100,200円の50%、50,100円だけを事業の経費にします。

事業主の生活資金での立て替え支払いなので、この場合は「事業主借」の勘定科目を使います。

具体例2、事業用口座からの支払い。

事業用資金で、事業主の生活資金を支出したと会計処理します。

借方

貸方

地代家賃 50,100円
事業主貸 50,100円

普通預金 100,200円

家賃が10万円の自宅で仕事をしている個人事業主が、家賃を支払った場合の仕訳の具体例です。

事業割合50%で、事業用銀行口座からの支払いで、手数料は200円です。
この手数料も家賃に含めて会計処理して構いません。

事業割合が50%なので、残りの50%は、事業主のプライベートな支出として「事業主貸」の勘定科目で会計処理します。
事業用資金から、事業主の生活資金へ支出した場合の会計処理では、この事業主貸の勘定科目を使います。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。

住宅の関連記事


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-節税テクニック・生活費を経費に

関連記事

Q&A、これは医療費控除の対象ですか?、具体例で丁寧に。

Q&A、これは医療費控除の対象ですか?、具体例で丁寧に、医療費控除についての疑問を解決します。

残念ですが、家族へ支払ったお金は、事業の経費にできません。個人事業主の会計処理

家族の所有物を事業で使っても、家族へ支払ったお金は経費にできません。しかし、家族名義の所有物、不動産や自動車は無償で事業に使って、資産計上できます。

保育料、ベビーシッター代を、事業の経費にする方法、裏技をこっそり紹介

子供の保育にかかる費用は、事業の経費にできません。でもご安心を。ちゃんと裏技があります。保育料、ベビーシッター代を、事業の経費にする方法を教えます。

裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

青色事業専従者が仕事中にケガ、労災保険は?治療費は経費?健康保険は?

青色事業専従者が、教業務の途中で怪我をしても、労災保険がないので、自己負担での治療です。さらに、病院で支払った、その怪我の治療費は、事業の経費にできません。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。