節税テクニック・生活費を経費に 帳簿・勘定科目・複式簿記

マイカーを経費に、自動車の費用で節税

プライペートで所有する自動車でも、忘れずに節税。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

プライベートと仕事、兼用の自動車で節税

個人事業主なら、ちょっとは仕事に自動車を使ってるはずです。

事業で自動車を使っていれば、維持費、購入費用などを、家事按分して事業の経費にできます。

  • 自動車の購入費用
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 自賠責保険、任意保険料
  • 車検代
  • 修理費用、点検費用
  • 自動車税などの税金
  • 自動車ローンの支払い利息

これらの自動車の費用は、家事按分して事業の経費にできます。
プライベートで所有する自動車でも、仕事で自動車を使っていれば、家事按分して事業の経費にできるんです。


たくさん税金払うの好きですか?

こんな時に、自動車を使ってませんか?

ちょっとした時に、マイカーで仕事の用事をしていませんか?

仕事で銀行に用がある時に、自動車を使っていませんか?
ちょっと銀行で、仕事上の入金や振り込みをする用事がある。
こんな時に自動車を使っていれば、立派な事業用の自動車になります。

  • 仕事で使う事務用品を、自動車で買いに行く。
  • 仕事の参考図書を探しに、本屋さんや図書館に行く。
  • 仕事の郵便物や宅急便を、自動車で持っていく。
  • 仕事で使う写真撮影に、自動車で出かける。

ネットの内職でも、銀行や本屋さんくらいは行くと思います。
そんな時は、全て事業での自動車の使用になります。
接待ゴルフに自動車で行く、これも事業での自動車使用です。

専用の事業用自動車じゃなくても、どんな業種でも、プライベートな自動車を仕事として使ってるはずなので、家事按分して事業の経費にしちゃいましょう。

だって、仕事で使ってるんですから。


これで私は青色申告しています。

具体的な方法、自動車の家事按分

自動車の家事按分は、走行距離や使用日数が基本です。

1ヶ月間の仕事とプライベートの走行距離記録して、その割合で家事按分しましょう。
家事按分の決め方は、1ヶ月間の仕事で使った走行距離を全て記録します。

例えば、4月の走行距離とメーターを記録。
4月初のメーター5,000km
4月末のメーター5,200km

4月に仕事で走行した累計走行距離50km(仕事で乗るたびにメーターを記録)
この場合は、4月の走行距離200kmのうち、仕事50kmなので、事業割合は25%です。
この25%で、他の月も家事按分すればOKです。

メーターや走行距離の記録はしっかり保存して、税務署に聞かれた時に、記録を見せましょう。

走行距離では事業の割合が少なく、経費が増えない場合は、使用日数で家事按分を決める方法もあります。

自動車関係の費用を経費に計上するときに使う、具体的な勘定科目はこちらのページを参考にしてください。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-節税テクニック・生活費を経費に, 帳簿・勘定科目・複式簿記

関連記事

裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

個人の複式簿記、売上の仕訳、後払い、前払い、立て替え払い

個人事業主の複式簿記。商品を販売した時の仕訳。前払いや後払いや値引きでの販売、諸費用がかかった時や商品が返品された時の仕訳

継続性の原則とは?勘定科目の継続性について

勘定科目は個人事業主の判断で、どの勘定科目にしても構いません。重要なのは、一度決めた勘定科目を、継続的に使うことです。これを会計の”継続性の原則”といいます。

個人事業主本人が仕事中にケガ、労災保険は?治療費は経費?健康保険は?

個人事業主本人が、業務の途中で怪我をしても、労災保険がないので、自己負担での治療です。さらに、病院で支払った、その怪我の治療費は、事業の経費にはできません。

個人の複式簿記、固定資産の売却の仕訳、6つの具体例で丁寧に。

固定資産を売却した時の仕訳。個人と法人で、やり方が全く違います。法人では固定資産売却益、固定資産売却損。個人事業主の固定資産売却は、事業主勘定で会計処理します。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。