売上(収入)金額、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

   

売上とは、事業によって入るお金です。

売上(収入)金額とは?

  • 売上
  • 家事消費
  • 雑収入

この3つを合計した金額が、青色申告決算書の「売上(収入)金額」です。

勘定科目の基本、それが「売上」です。
事業は売上を得るために行っています。
売上の管理は事業の基本、青色申告でも最も重要です。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

売上の仕訳は、タイミングが重要

売掛金を使って、正確なタイミングで仕訳します。

商品を売った時点で、同時に代金を受け取った場合は、売上はその時点で計上します。
しかし、実際の事業では、商品を渡しても、代金は後日受け取ることが、よくあります。
そんな場合は、売上の確定と、実際の入金の日付が、ずれる事になります。

複式簿記では、売上は、実際の入金がまだでも、報酬の確定時点で判断します。

  1. 商品を引き渡した時点
  2. 売上の入金があった時点

まず、売上が確定した時点で、売掛金として会計処理。
この時点が、売上のタイミングです。

その後、実際の入金があった時に、売掛金の回収の会計処理。
このように2段階で会計処理して、帳簿を作成します。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

売上(収入)金額、青色申告決算書の記入例

売上は、青色申告決算書でも、最初に出てくる勘定科目です。

青色申告決算書1ページの、「売上(収入)金額(雑収入を含む)」です。

青色申告決算書1ページ

151231-2

ここを記入する前に、月別売上の集計表から、記入していきます。
青色申告決算書2ページに「月別売上」の記入表があります。

青色申告決算書2ページ

「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の欄に、毎月の売上を入力します。

151231-1

ここには、1月1日から12 月31日までに確定した、売上(収入)金額を記入します。
実際の入金ではなく、1年間で確定した売上の金額です。

ここで、月別の売上を合計した金額を、1ページの「売上(収入)金額(雑収入を含む)」に、そのまま転記します。

青色申告決算書1ページ

「売上」「家事消費」「雑収入」の合計を記入します。

151231-2

この売上(収入)金額は、雑収入を含む金額です。

「売上」とは、商品の販売など、事業の本業によって入るお金です。

売上の他に、青色申告決算書では、「家事消費」と「雑収入」を、合計したものが「売上(収入)金額(雑収入を含む)」となります。

家事消費とは、販売する商品を、自分で使ってしまった場合の勘定科目です。

雑収入とは、キャンセル料や保険料の受け取り、空箱の売却代金など、本業以外の収入です。

売上管理は、帳簿の基本。

どんな商売でも、帳簿の基本は売上の管理です。

経費を増やして節税、正しい帳簿の管理、その基本が売上の管理です。
確定申告でも、売上の計算がスタートです。

銀行振込での売上管理は、口座一つが簡単

売上の入金を、できるだけ一つの銀行口座にまとめると、売上管理が楽になります。

一つの事業用の銀行口座に、売上の振込をまとめると、銀行の通帳が帳簿になります。
売上をまとめた、売上帳ですね。

経費の支払いも、銀行振込での支払いで完結できれば、通帳が経費の帳簿になります。

私の具体例、銀行口座をまとめて、売上管理

私は、ネットでの内職なので、全ての売上は銀行振込で受け取ります。

複数から報酬を受け取っていても、入金用の銀行口座を一つにまとめているので、売上管理が簡単です。

私の例ですが、報酬を受け取る手数料が、報酬から差し引かれることで、こちらが負担します。
A社からの報酬は、ゆうちょ銀行の振込手数料が最安。
B社からの報酬は、三井住友銀行の振込手数料が最安。
それでも私は、使いやすい住信SBIネット銀行に売上をまとめてます。

帳簿を作る手間を考えると、少々振込手数料が高くても、一つの銀行にまとめた方が楽できます。
ちょっとの手数料より、利便性、帳簿の簡単さを優先しています。

現金商売の売上管理、一旦全て銀行に入金

雑貨屋さんなど、ショップ経営では、売上の多くは現金です。

現金売上の管理のポイントは、日々の売上を、一旦全て銀行に入金して記帳する。

現金の売上管理の具体例

現金での売上は、1日分まとめて封筒、1日単位で銀行口座へ入金。
  • 11/25、¥5,480円 >1つの封筒に入れる
  • 11/26、¥9,736円 >1つの封筒に入れる
  • 11/27、¥4,670円 >1つの封筒に入れる

3日分の合計金額19,886円を、11/27に銀行口座に入金。
入金する時には、封筒を1つずつ入金しましょう。

通帳に3日分の合計ではなく、3日分がそれぞれ記帳されて便利です。
この場合は、忘れないように早めに会計アプリを使って3日分の売上を入力しましょう。

現金での売上は、1日分まとめて封筒、1日単位で銀行口座へ入金。
そうすれば、銀行の通帳で売上が簡単に管理できます。

現金商売のつり銭の管理

銀行口座を使って、簡単におつりを管理する方法を紹介します。

現金商売では、おつりを用意しておく必要があります。
おつりの管理って、売上とごちゃ混ぜになって、意外と面倒です。

閉店後にレジの残金を全て銀行口座へ入金。
そして9,999円x2回、引き出す。

これを毎日繰り返すと、1日の入金から、9,999 x 2 = 19,998円を引いた金額が、売上になります。
引き出した19,998円は、翌日のつり銭です。

2日分まとめて銀行に入金する時も、レジの残金だけは毎日確認。
レジの残金から19,998円を引いた金額が、その日の売上になります。
2日目の売上は、レジの残金から19,998円と前日の売上を引いた金額ですね。

つり銭が必要な方は、この方法を利用して楽して売上を管理しましょう。

売上管理のポイントまとめ

個人事業主の、売上管理のポイントです。
  1. 売上の入金は、一つの銀行口座にまとめる。
  2. 現金商売の場合は、日々の売上を、一旦全て銀行に入金する。
  3. おつりの管理も、銀行口座を活用する。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。


たくさん税金払うの好きですか?
節税テクニック公開中
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。



節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

人気の記事

041304.001 1
持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税OK。

持ち家を事務所兼用にする個人事業主、自宅で仕事をしていれば、事業で使用する割合が経費にできます。いわゆる在宅ワークの方ですね。

節税テクニック公開中 2
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。生活費を経費にする裏技

節税テクニック、生活費を経費にする裏技 持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税 ...

170103-36k 3
裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

 - 青色申告の手続き・書類記入例, 青色申告決算書の勘定科目