青色申告決算書の勘定科目

雑費、青色申告決算書の勘定科目

雑費(経費)とは?

こんな費用が、雑費にできます。

  • 他の経費に当てはまらない経費
  • 少額で使用頻度の低い支出

こんな時に「雑費」の勘定科目を使います。

雑費の例

雑費の勘定科目を使う代表例です。

  • 銀行の手数料
  • 税理士、弁護士への報酬
  • 粗大ごみゴミ処理費用
  • 正月飾り代金
  • 清掃代

これで私は青色申告しています。

雑費と消耗品費の違いは?

雑費と、消耗品費は、区別が難しい勘定科目です。

雑費と消耗品は、こんなイメージです。

  • 「雑費」は、形がないもの。
  • 「消耗品費」は、形があって使うと減っていくもの。

雑費の代表例は、少額の手数料などの、形がない費用です。
正月飾りは、仕事に直接使う物ではなく、形があっても単なる飾りなので、雑費の代表例です。

消耗品費の代表例は、鉛筆や消しゴムなどの事務用品、名刺や印鑑などの、形があって使うと減っていくビジネス用品です。


これで私は青色申告しています。

雑費の注意点

雑費が多くなったら、勘定科目を追加します。

できるだけ「雑費」の勘定科目は使わず、他の勘定科目にすること。
これが雑費の注意点です。

雑費は、領収書やレシートを調べないと、何に使ったかが、わかりません。
雑費が多いと、税務署の調査の対象になりやすくなるんです。

雑費の例の、銀行の振込手数料では、少額でも毎月振込手数料が発生する場合には、「支払手数料」の勘定科目を追加した方がいいです。
税理士や弁護士への報酬も、毎年依頼するのであれば、支払手数料の勘定科目を追加して会計処理しましょう。

なるべく雑費で処理しない、これが原則です。

雑費が多いと税務署が疑問を持ちます。

「李下に冠を整さず」で、税務調査の誤爆を避けましょう。

余計な疑いを避けるためにも、雑費は最小限にしましょう。

雑費の比率が、必要経費全体の10%を超えると、税務署が目をつけるとも言われています。
雑費が5%でも多すぎです。
面倒な税務調査を避けるために、注意しましょう。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-青色申告決算書の勘定科目

関連記事

外注工賃、青色申告決算書の勘定科目

直接雇用している人は給与賃金、雇用していない人は外注工賃です。青色申告決算書、外注工賃は2つあり、製品の製造に関わることを外部に依頼して、費用を支払った場合は、製造原価の「外注工賃」になります。

売上原価、青色申告決算書の勘定科目

その年に売れた商品だけの、仕入れの費用を計算した金額、それが売上原価です。その年の経費になるのは、その年の仕入費用の合計ではなく、売上原価なのです。

負債・資本の部・貸借対照表、青色申告決算書の勘定科目

貸借対照表は、青色申告の必須条件。65万円の青色申告特別控除のためには、貸借対照表の作成が必要です。この点が、収支内訳書だけでOKの白色申告と、青色申告の大きな違いです。

利子割引料、青色申告決算書の勘定科目

個人事業主が事業資金として借入をした借入金の、利息を支払った費用が、利子割引料です。借入金の元金の返済は経費にはなりません。

資産の部・貸借対照表、青色申告決算書の勘定科目

貸借対照表は、青色申告の必須条件。65万円の青色申告特別控除のためには、貸借対照表の作成が必要です。この点が、収支内訳書だけでOKの白色申告と、青色申告の大きな違いです。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。