節税テクニック・生活費を経費に 帳簿・勘定科目・複式簿記

女性個人事業主はバレンタインチョコも経費です。勘定科目は渡す相手で変わる。

2月14日、バレンタインチョコも、忘れずに事業の経費にして節税しましょう。

180214901

バレンタインチョコも、個人事業主の経費です。

女性個人事業主にとって、チョコも必要経費です。

女性個人事業主が、取引先の男性へ渡すバレンタインチョコ。
これも事業の経費にできます。

また、従業員を雇っている場合は、従業員へ配ったチョコも経費にしてOKです。
お客さんへチョコをプレゼントした場合も、当然事業の経費にできます。

バレンタインデーのイベントも事業に活用して売上アップを狙う。
個人事業主なら当然のことです。

勘定科目は、渡す相手によって違う。

チョコを渡す相手によって、勘定科目を使い分けます。

  • 取引先の男性に渡すと、「接待交際費」
  • お客さんへ配布すると、「広告宣伝費」
  • 従業員全員へ渡すと、「福利厚生費」
  • 特定の従業員へ渡すと、現物支給の「給与」
  • 家族へ渡すと、「経費にできない」

特定の取引先へバレンタインチョコを渡すと、接待交際費の勘定科目になります。
また、お客さんへチョコを配布すると広告宣伝費の勘定科目です。
特定の相手の場合は接待交際費で、不特定多数の場合は広告宣伝費です。

従業員の全員へ公平に渡せば福利厚生費の勘定科目ですが、特定の従業員へ渡すと現物支給の給与に該当しちゃいます。

ちなみに、個人事業主の場合、家族へのプレゼントは、事業の経費にできません。
旦那さんへ渡すチョコは、自腹ですが、特別に愛情を込めてプレゼントしましょうね。


これで私は青色申告しています。

バレンタインデー、働く女性には嫌な日です。

女性にとって2月になるとバレンタインデーが気になってきますよね。

恋愛にときめく年頃の女子には楽しみな日です。
しかし、働く女性にとって、仕事だけの人間関係の男性にバレンタインチョコを配るのって、無駄な出費がかさむ嫌なイベントです。

バレンタインデーが、特別スペシャルデーだったのが遠い昔という年代の人は、特に面倒ですよね。

ホワイトデーで10倍返しで、返って来ればいいのですが、仕事関係の人には期待できません。
せめて、チョコの費用を経費にして、節税に活用しましょうね。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-節税テクニック・生活費を経費に, 帳簿・勘定科目・複式簿記

関連記事

専従者給与、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

専従者給与とは、青色申告する個人事業主が、家族へ支払った給与です。この専従者給与は、家族へ支払った給与を経費にできるので、個人事業主にとって、究極の節税対策になります。

1人カフェ・1人喫茶店の費用を必要経費にする。

1人でカフェに入り、コーヒー頼んでパソコンで仕事をした。こんな費用は、堂々と必要経費にしちゃいましょう。だって、仕事をしてるんですから、1名でも全然OK。

収入印紙が貼ってない領収書は大丈夫?

領収書は有効、大丈夫です。受け取った側に、問題はありません。収入印紙を貼らなかった店が悪いのです。

親が所有する事務所の家賃は、必要経費にできるか?個人事業主の会計処理

生計が別なら、父親や母親が所有する事務所の家賃でも、事業の経費にできます。生計を一にする親族への地代家賃などは、事業の必要経費にできません。

個人事業主の出張手当、日当は経費にできますか?

残念ですが、事業主本人への日当は、経費として認められません。個人事業主が出張したら、経費は実費だけです。従業員への日当は、経費にできます。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。