帳簿・勘定科目・複式簿記

個人事業主の事業用現金の管理をなくす、4つの会計テクニック。事業主借の勘定科目を活用

事業用現金の管理は面倒、そんな時は、4つの仕訳方法があります。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

個人事業主の会計テクニック

帳簿での管理が面倒くさい、事業用の現金。

会計帳簿を作る時に面倒なのが、現金の管理

インターネットを使ったビジネスでも、仕事で使う文房具は、近所のお店で現金で購入するのが気軽です。
どんな業種であっても、現金を全く使わないのはありえません。

しかし、現金を使うたびに、帳簿の現金残高を、実際の現金の金額が一致するかの、確認作業をやるはめに・・・

事業用の現金を管理しなくていい方法。

現金は、プライベートの立て替えで、会計処理すればOKなんです。

面倒な事業用の現金管理から、解放される方法があります。
それは、事業用の現金を廃止して、現金を全てプラペート用にすることです。

事業用の銀行預金口座はそのままです。
事業での資産から、現金だけを廃止するんです。

それ以降、会計帳簿では、現金を使ったら、全て事業主借の勘定科目で仕訳します。
個人事業主の場合は、会計テクニックを使えば、この事業用の現金の管理を、やらなくていいんです。

ショップ経営でも、現金で受け取ったお店の売上を、そのまま銀行口座へ預ければ、この方法が使えますよ。


これで私は青色申告しています。

4つの会計テクニック、帳簿の仕訳の具体例

1.帳簿の仕訳、事業用の現金を廃止する。

まず、この仕訳で、事業用からプラーベートへ切り替えます。

手持ちの事業用の現金1万円を、プライベート用の現金として扱う時の仕訳です。

この仕訳で、事業用の現金残高がゼロになり、その時点の現金が、事業用からプライベート用に切り替わります。

借方

貸方

事業主貸 10,000円

現金 10,000円

2.帳簿の仕訳、現金使用は「事業主借」

現金を使ったら、「事業主借」の勘定科目で仕訳します。

1の仕訳を行なっていれば、現金は事業用ではなく、プライベート用の現金に、切り替わっています。
そのため、貸方の勘定科目は「現金」ではなく「事業主借」を使います。

プライベート用現金での支払いは、全て「事業主借」の勘定科目で仕訳します。

借方

貸方

消耗品費 3,000円

事業主借 3,000円

3.帳簿の仕訳、銀行から現金を引き出す。

現金引き出しも、事業主借の勘定科目です。

手持ちの現金が少なくなり、事業用の銀行口座から引き出す時の仕訳です。
この時、預金は事業用ですが、現金はプライベート用になります。

そのため「現金」の勘定科目は使わず、「普通預金」と「事業主貸」の2つの勘定科目で会計処理します。

事業用の銀行口座から、プライベートの財布へのお金の移動ってことですね。

借方

貸方

事業主貸 3,000円

普通預金 3,000円

4.帳簿の仕訳、現金を銀行口座へ預ける。

手持ちの現金を、事業用の銀行口座へ預ける時の仕訳です。

プライベートの財布から、事業用の銀行口座へのお金の移動ってことです。
「普通預金」と「事業主借」の2つの勘定科目で会計処理します。

借方

貸方

普通預金 10,000円

事業主借 10,000円

現金で受け取ったお店の売上は、すべて一旦銀行口座に預け入れます。
その時の仕訳は、「売上」と「普通預金」の勘定科目を使います。

借方

貸方

普通預金 50,000円

売上 50,000円

まとめ、会計処理を上手に活用すれば、現金管理は不要。

現金の管理から解放されるための、必須の4つの会計処理です。

  1. まずは事業用の現金廃止を仕訳する。
  2. 現金使用は、すべてプライベートでの建て替えで仕訳する
  3. 銀行からの引き出しは、「事業主貸」の勘定科目を使う。
  4. 銀行への預け入れは、「事業主借」の勘定科目を使う。

この4つの会計処理を知っているだけで、面倒な現金管理から解放されて、事業に専念できますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-帳簿・勘定科目・複式簿記

関連記事

個人の複式簿記、固定資産の廃棄処分の仕訳、具体例で丁寧に。

個人事業主の複式簿記を、具体例で、はじめから丁寧に。事業で使っている固定資産を廃棄処分。勘定科目は雑費を使いましょう。一括償却資産、即時償却資産の廃棄処分の仕訳も紹介。

マイカーを経費に、自動車の費用で節税

ちょっと銀行で、仕事上の入金や振り込みをする用事がある。こんな時に自動車を使っていれば、立派な事業用の自動車になります。自動車の費用は、家事按分して事業の経費にできます。

個人の複式簿記、固定資産の売却の仕訳、6つの具体例で丁寧に。

固定資産を売却した時の仕訳。個人と法人で、やり方が全く違います。法人では固定資産売却益、固定資産売却損。個人事業主の固定資産売却は、事業主勘定で会計処理します。

個人の複式簿記、勘定科目の5つのグループ、青色申告ではこう分ける。

資産の部、負債の部、資本の部、収益の部、費用の部。それぞれの勘定科目は、この5つのグループに分けられます。

裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。