税金・税務署 雇用・外注・法人化

個人事業主の源泉徴収、どんな時に源泉徴収するのか?

個人事業主でも給与を支払うと、源泉徴収する義務があります。

180125001

個人事業主の源泉徴収とは?

青色申告の個人事業主が、源泉徴収をするのは、こんな時です。

  • 個人事業主が従業員へ給与を支払う場合
  • 個人事業主が家族へ給与を支払う場合
  • 個人事業主が外注先へ報酬を支払う場合

青色申告する個人事業主が、源泉徴収を行う方法を解説します。


これで私は青色申告しています。

源泉徴収とは?

事業主が、従業員の納税を代行するのが、源泉徴収制度です。

源泉徴収とは、本来所得税を納税する給与所得者に代わって、給与を支払う事業主が所得税を納税する制度です。

個人事業主でも、従業員へ給与を支払う場合は、源泉徴収が必要です。

家族従業員でも、それは同じで、青色事業専従者への給与でも源泉徴収が必要です。

また、雇用関係のない外注先でも、源泉徴収が必要になる場合があります。

源泉徴収を忘れちゃった場合は、どうなるの?

事業主の責任で、従業員の所得税を支払います。

もし、事業主が報酬を支払う時に、源泉徴収を忘れてしなかった場合は、報酬の支払い相手に、源泉徴収分の返金をお願いすることになります。
もし、返金を断られた場合は、報酬を支払った側の事業主の負担で、税務署にその分の所得税を納税する義務があります。

つまり、相手の所得税を、自分の負担で納税する義務があるってことです。

うっかり源泉徴収を忘れて、支払い先の相手から、「受け取った報酬は、源泉徴収した後の金額ってのが常識でしょ。」と言われたら、報酬を支払った側の負担で、税金を支払うことになります。

給与を支払った従業員が、辞めた後に、源泉徴収の漏れに気がついても、事業主が肩代わりすることになります。

従業員を雇用したら、源泉徴収します。

アルバイトでも、パートでも、源泉徴収の対象です。

従業員を雇って、仕事をしてもらったら、従業員へ給与を支払います。
その給与からは、所得税を差し引いた後の金額を支給します。

アルバイトでも、パートでも、誰かを雇って給料を支払う時には、すべて源泉徴収の対象です。
必ず源泉徴収をしなければいけません。

この源泉徴収は、家族である青色事業専従者でも必要です。
給与として支払う場合は、すべて源泉徴収の対象ってことです。

直接雇用して、他人に仕事を依頼するには、源泉徴収を正しく理解しましょう。

雇用してない外注でも、源泉徴収が必要な場合も。

外注先への報酬でも、源泉徴収する場合があります。

事業の費用として、誰かに外注報酬を支払う場合にも、源泉徴収が必要になる場合があります。
雇用していない人に、仕事を外注しただけで、その外注先の人の所得税を源泉徴収して、税務署に納めるのです。

ただ、すべての外注報酬の支払いが対象ではなく、特定の事業主と、特定の内容での報酬が、源泉徴収の対象になります。
どんな外注の場合が、源泉徴収が必要になるのか、ポイントは、この2つです。

  1. 事業主が源泉徴収義務者かどうか。
  2. 外注する業務内容が該当するか。

源泉徴収義務者とは?

従業員を雇用してる個人事業主は、源泉徴収義務者です。

源泉徴収をしなければならない人を、源泉徴収義務者といいます。
報酬を支払う側の個人事業主が、源泉徴収義務者になります。

源泉徴収をして、支払う所得税は、報酬を受け取る人の所得税です。
源泉徴収とは、支払い相手の所得税の納税を代行することだからです。

人を雇用して事業を行っている個人事業主は、「源泉徴収義務者」になります。
一般の従業員でも、家族の青色申告専従者でも、誰かを雇用していれば、源泉徴収義務者ってことになります。

従業員を雇用するときには、「給与支払事務所等の開設届出書」を提出します。
家族へ給与を支払うときには、「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出します。

従業員がパートやアルバイトで、給与が安い場合は、源泉徴収する税額がありません。
給与の月額が8万8千円未満であれば、源泉徴収の税額がないからです。

仮に、源泉徴収する税額がなくても、給与を支払っている個人事業主は、源泉徴収義務者です。
外注先への報酬の支払いは、源泉徴収する義務があります。

家政婦さんだけの雇用の場合

家政婦さんの雇用には例外があります。

事業のためでなく、個人事業主が、家事の補助で人を雇っている場合は例外です。
常時2人以下の家事使用人を雇用している場合です。

仕事で忙しいので、家政婦さんを2名雇って家事をお願いしてるケースが該当します。
事業で仕事を外注しても、支払った報酬では、源泉徴収しなくていいんです。

ただ、この場合でも、外注先への報酬支払いが源泉徴収不要なのであって、2名までの家政婦さんへの給与は源泉徴収が必要です。


これで私は青色申告しています。

誰も雇用していなければ、源泉徴収は不要。

誰も雇用せず、1人で仕事をする個人事業主は、源泉徴収しなくてOK。

家族専従者も含めて、誰も従業員を雇用していない個人事業主は、源泉徴収の義務はありません。

従業員を雇用していない場合、源泉徴収義務者ではないので、雇用関係のない誰かに仕事を外注しても、源泉徴収をする必要はなく、その報酬の支払い相手が納税をすることになります。

「給与賃金」と「専従者給与」の勘定科目が帳簿になく、「外注工賃」の勘定科目だけの場合が、このケースに該当します。

ホステスさんを外注している場合

飲食店などを経営する事業主が、ホステスさんを外注する場合は、誰も従業員がいなくても、全ての個人事業主が源泉徴収する義務があります。
源泉徴収の例外になるので、注意しましょう。

源泉徴収が必要な外注先への報酬の内容

外注先への業務内容によって、違いがあります。

外注先への報酬の全部が、源泉徴収の対象では、ありません。
源泉徴収が必要か不要かは、外注する業務の内容によって決まります。

どんな内容の外注業務の場合に、源泉徴収が必要になるかを、しっかり確認してから、業務を外注しましょう。
うっかり源泉徴収を忘れると、外注した側が税金を負担することになっちゃいます。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-税金・税務署, 雇用・外注・法人化

関連記事

所得税の仕組み、超過累進課税、所得が多いと税率が高くなる。具体例で解説

個人事業主や会社員などの個人に課税される所得税。この所得税は、課税の対象となる所得が多いほど、税率が高くなる制度になっています。これが所得税の、超過累進税率です。

フリーランスと支払調書、受け取り方と、発行の方法

支払調書の提出義務を負うのは、報酬を支払う人で、提出先は税務署です。ただ、慣習として、報酬を支払う人が、報酬を受け取る人にも、任意で支払調書を発行する場合が多くあります。

個人事業主が法人化する収入の目安はどれくらい?4つのタイミングを紹介

事業税が課税されるライン、利益290万円。所得税率が20%になるライン、利益500万円。消費税の課税事業者になるライン、売上が1000万円。そして利益が2000万円。

消費税は、かかる?かからない?不課税取引、非課税取引、免税取引

不課税取引、非課税取引、免税取引。この3種類が消費税がかからない取引です。消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸し付けや役務の提供などの取引に、課税されます。

記入例、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書。画像で具体的に丁寧に

「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」とは、税務署への源泉所得税の納付を、毎月から、年2回へ変更できる特例を、受けるための申請書類です。給与事務の手間が省けるので、必ず申請しましょう。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。