青色申告決算書の勘定科目

事業主貸とは?事業主借とは?勘定科目を具体例で解説!

法人にはない、個人事業主だけの勘定科目です。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

事業主貸と事業主借とは?

事業主個人のお金と、事業資金を区別するための勘定科目です。

プライベートと事業を使い分けるための、個人事業主だけの勘定科目です。

個人事業主の帳簿では、「事業主貸」と「事業主借」を使って、事業の経費と、生活費を区別する必要がありあます。

事業主貸と事業主借は、法人にはない勘定科目なので、簿記の参考書にはあまり書いてません。
でも、使い方を覚えれば、簡単です。

「事業主貸」を使うのは、こんな場合。

事業資金を、生活費として使う時、それが「事業主貸」です。

  • 事業主の個人的支出
  • 所得税、住民税などの経費にできない税金の支払い
  • 家事按分での家事負担分の費用
  • 商品を家事消費した相当額

こんな費用を、事業用資金で支払った時に、事業主の勘定科目で会計処理します。

いつでも好きな時に事業用資金を生活費にできる。
それが個人事業主の気軽なところです。

「事業主借」を使うのは、こんな場合。

生活費から、事業資金を立て替えた時、それが「事業主借」です。

  • 事業用の費用を、事業主個人が支払った
  • 事業資金を、事業主個人が補充した
  • 事業用の銀行口座の利息

個人事業主本人のポケットマネーで、事業用の費用を立て替えた時は、事業主借の勘定科目を使います。
また、事業が苦しくなったり、資金が少なくなった時には、事業主借で、個人事業主が事業資金を立て替えます。

生活資金であっても、事業用資金へ投入する、それが個人事業主の辛いところです。


これで私は青色申告しています。

複式簿記の仕訳の具体例、事業主貸と事業主借

帳簿の仕訳の具体例です。

具体例1

事業用銀行口座から、自宅兼事務所の家賃を支払った。

家賃を100,000円、家事按分を50%とすると、家賃のうち50,000円が事業主貸での支出になります。

仕訳はこうなります。

借方

貸方

事業主貸 50,000
地代家賃 50,000

普通預金 100,000

具体例2

プライベートな銀行口座から、自宅兼事務所の家賃を支払った。

家賃を100,000円、家事按分を50%とすると、家賃のうち50,000円が事業主借での支出になります。

仕訳はこうなります。

借方

貸方

地代家賃 50,000

事業主借 50,000

具体例3

事業用の現金で、プライベートな食事代を支払った。

プライベートな支出なので、事業主貸を使います。

食事代を10,000円とすると、仕訳はこうなります。

借方

貸方

事業主貸 10,000

現金 10,000

具体例4

事業用の消耗品を、プライベートなクレジットカードで支払った。

事業主が立て替えて支払っているので、事業主借を使います。

プリンターインク5,000円を購入したとすると、仕訳はこうなります。

借方

貸方

消耗品費 5,000

事業主借 5,000

具体例5

事業用銀行口座に利息の入金があった。

利子などはプライベートな入金として事業主借を使います。

銀行利息を100円とすると、仕訳はこうなります。

借方

貸方

普通預金 100

事業主借 100

年末の決算整理、事業主貸と事業主借の計算

年末の決算では、年間の事業主貸、事業主借を、それぞれ合計します。

青色申告決算書の貸借対照表で、事業主貸と事業主借は、それぞれ集計します。

  • 「事業主貸」は、貸借対照表の資産の部
  • 「事業主借」は、貸借対照表の資本の部

決算を終えると、事業主貸と、事業主借は、それぞれ打ち消し合い、その差額だけが、翌年に繰り越されます。
事業主貸が多かった場合は、翌年の元入金が減ります。
逆に、事業主借が多かった場合は、翌年の元入金が増えます。

青色申告アプリには、事業主貸と事業主借の勘定科目があるので、はじめての人でも簡単に帳簿の会計処理ができます。
事業主貸と事業主借の、決算での繰り越しも、アプリを使えば自動計算なので、心配しなくて大丈夫。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-青色申告決算書の勘定科目

関連記事

損害保険料、青色申告決算書の勘定科目

事業用資産などの損害保険に関わる費用が、損害保険料です。個人事業主の個人的な保険料は、事業の経費にできません。

消耗品費、青色申告決算書の勘定科目

こんな物も、消耗品費でいいの?消耗品費と雑費の違いは?消耗品費とは、使用すると消耗してなくなる物の費用です。消耗品費の代表例が、事務用品などの購入費用です。

仕入金額、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

仕入とは、販売目的の商品の購入費用です。仕入金額は、売れた商品だけが経費になり、売れ残りの在庫は経費にできません。そのため、他の費用としっかり区別する必要があります。

荷造運賃、青色申告決算書の勘定科目

荷造運賃は、輸送や物流に関わる費用です。郵便局でも、宅急便でも、バイク便でも、航空便でも、船舶輸送でも、すべての輸送費用が、この荷造運賃になります。

水道光熱費、青色申告決算書の勘定科目

この水道光熱費は、自宅で仕事をする個人事業主にとって、生活費を経費にできる節税ポイントです。事業用に使った割合の費用を、経費として処理しますが、その割合を決めるには、合理的な基準が必要です。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。