税金・税務署 帳簿・勘定科目・複式簿記

売上を間違う、売上をごまかす、どうなるの?

売上を隠すのではなく、経費を増やすのが節税のポイント。

180202101

売上を誤魔化すのは、絶対にダメ!

税務署をナメると痛い目にあいますよ。

売上を抜くと零細企業でも徹底的に狙われます。
売上は絶対抜かず、正々堂々と経費を増やしましょう。

売上の意図的な除外は、完全な脱税、犯罪です。

売上を間違ってしまう、失敗は誰にでもあります。
悪意がない間違いでも、不必要に税務署に狙われることになります。
そんなことにならないように、売上の管理はきっちりしましょう。

売上の意図的な除外は完全な脱税、犯罪です。

倫理的に悪いから、売上除外がダメと言ってるのではなく、売上除外は税務署に指摘されやすいからダメなんです。
零細企業だから見つからないはず、そんなことはありません。


たくさん税金払うの好きですか?

現金商売だから、売上を抜いた証拠はない?

現金商売こそ、税務署から狙われます。

現金商売は、特に狙われてます。
現金商売だから、狙われているんです。

現金商売だから、疑われるんです。
現金商売の人ほど、気をつけましょう。

現金商売だから、売上を抜いた証拠はない。
そんなことはありません、税務署はプロです。
現金商売の売上には特に警戒しています。

税務署が疑いを持てば、ゴミ箱の中まで証拠の書類を探します。

通常の税務調査は、事前に日時を通知して実施します。
現金商売者に税務署が目をつけると、抜き打ちで税務調査にきます。
これは法的に認められた税務署の調査権限です。

銀行口座は全て税務署が監視しています。

銀行は税務署に全ての情報を提供します。

銀行口座は全て税務署が監視できます。
狙った対象者の銀行口座のお金の動きは、税務署に筒抜けです。

現金商売でも、レシートや領収書を相手に発行すると、それが売上の証拠になります。
現金商売であっても何らかの証拠書類を発行しているはずなんです。

あなたの取引先の記録も全て調査され証拠になります。
取引先が領収書を保存していると、それが売上の証拠になります。

  • 銀行口座を使わない。
  • レシートと領収書も一切発行しない。
  • 受領の印鑑やサインもしない。
  • 取引先も領収書を保存していない。

そんな完全な現金商売なら、確かに税務署は売上情報の証拠を見つけにくいでしょう。
でも、そんな商売は、今の世の中、ほとんどありません。

税務署の情報収集能力をナメちゃいけません。

取引先の支払い履歴から、あなたの売上を調査します。

税務署は日々税務調査で、領収書や支払い履歴を調べています。
あなたの取引先の情報から、あなたの売上が簡単にわかるのです。

もし税務署が偶然知った、あなたの売上が、あなたの確定申告に計上されてなかったら、今度は税務署は徹底的にあなたの調査を始めます。

税務署が税務調査を実施する対象者、この対象者への調査は本調査と言います。
本調査対象の会社の帳簿が正しいかを調べるために、取引先の会社も調査します。

これを反面調査と言います。

この反面調査で、反面調査対象者の売上の除外が見つかると、今度はその人を本調査対象として、徹底的に調べ始めます。
こうして芋づる式に、不正が税務署に見つかっていくのです。


たくさん税金払うの好きですか?


これで私は青色申告しています。


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-税金・税務署, 帳簿・勘定科目・複式簿記

関連記事

ホームページの製作が事業の場合は「売上原価」の勘定科目

ホームページの製作が事業の場合は、売上原価の勘定科目を使います。商品の販売が目的のホームページなら、広告宣伝費の勘定科目を使います。

Googleアドワーズと消費税、課税取引でリバースチャージ、でもほとんど免税

Googleアドワーズは課税取引、リバースチャージ方式で原則納税する。でもほとんどの場合が、納税を免除。簡易課税制度を適用すれば、確実に免除でOKです。

消費税は、かかる?かからない?不課税取引、非課税取引、免税取引

不課税取引、非課税取引、免税取引。この3種類が消費税がかからない取引です。消費税は、日本国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸し付けや役務の提供などの取引に、課税されます。

友達との飲食代も接待交際費。事業で必要だと説明できればOK。

個人事業主の接待交際費のポイントは、事業に必要だと説明できるかどうか。それで経費になるか、ならないかが決まります。

個人の複式簿記、固定資産取得の仕訳と台帳登録、具体例で丁寧に。

具体例で、はじめから、丁寧に。仕訳と減価償却費の計算を紹介。12万円でパソコン購入、自動車を180万円で購入。原価償却の特例、20万円未満の一括償却、30万円未満の即時償却の具体例も。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。