帳簿・勘定科目・複式簿記

ホームページの製作が事業の場合は「売上原価」の勘定科目

事業内容によって、勘定科目は区別します。

ホームページの制作費用は、どの勘定科目?

ホームページの製作が事業の場合は、売上原価の勘定科目を使います。

売上原価とは、主に製造業などで使われる会計処理です。

アフィリエイト広告収入のためのホームページも、広告収入を得ることが目的なので、ホームページの製作に関わる費用を、売上原価に計上します。

商品の販売が目的のホームページなら、その制作費用は、「広告宣伝費」の勘定科目を使います。

会計処理の例、テレビ局の場合

テレビ局にとっては、テレビ番組が製品です。

民法のテレビ局の場合、売上はCM広告収入です。
テレビ番組の製作費用は、「売上原価の制作費」として会計処理しています。

自社の番組の告知などに、宣伝費用をかけた場合は、一般の販売費用として、「広告宣伝費」の勘定科目で会計処理します。
テレビ局がドラマなどを、駅にポスター掲示している費用が、この販売費用になります。

会計処理の例、ホームページ製作を請け負う事業

ホームページそのものが製品です。

ホームページ制作を請け負う事業の場合、売上は、HPを販売することです。

この事業の場合は、ホームページそのものが製品となる、製造業になります。
ホームページの制作費用は、「売上原価の制作費」として会計処理します。

会計処理の例、ホームページを製作して、インターネット広告で報酬を得る事業

広告収入を得るホームページが製品になります。

この事業の場合は、売上はホームページでの、アフィリエイトなどの広告収入です。

ホームページの制作費用は、「売上原価の制作費」として会計処理します。

そのホームページを告知するために、宣伝費用をかけた場合は、一般の販売費用として、「広告宣伝費」の勘定科目で会計処理します。
チラシを作って、ホームページを宣伝する費用が、この販売経費になります。

当たり前ですが、テレビ番組でもホームページでも、考え方は同じです。


これで私は青色申告しています。

年を越して、制作する場合は注意が必要

ホームページの製作が事業の場合は、完成が年を越す場合には、注意が必要です。

ホームページの制作費を、売上原価にするか、一般の販売経費にするかで、納める税額が変わる場合があります。

ホームページの製作を請け負って、完成途中で決算を迎えた場合は、売上が翌年になります。
そのため、本来ならHP制作費も翌年の経費になります。

制作費用は、今年度の経費とするのではなく、製造業のように売上原価で管理して、製作途中のホームページは、棚卸資産として、「半製品」などの期末の棚卸高に計上し、翌年の経費とするのが、正しい会計処理になります。

しかし、この会計処理は面倒なので、通常はホームページの製作で完成が、決算期を超えてしまっても、当年の経費として計上して、ホームページ完成に伴う売上は、完成後の翌年の売上にしている場合が、ほとんどだと思います。

正確に言うと、本来は翌年に計上すべき費用を、当年に計上しているので、税務署の調査では、期ずれの経費水増しで、過少申告と指摘される可能性もあります。

外部から制作を請け負う場合は、特に注意

HP制作の請け負いでは、会計処理に注意が必要です。

自分でホームページを制作して、そのホームページから広告収入を得ている場合などは、そのホームページの完成時期を、第三者が明確に特定することは難しいため、言い方は良くないですが、適当にごまかせちゃいます。

ただ、ホームページ制作の業務を外部から請け負った場合などは、完成したホームページの納品時期や、運用開始の時期が明確になるので、特に注意が必要です。
完成までの納期は、決算を超えない時期にするのが無難です。

小規模な個人事業主の場合は、神経質になる必要はありませんが、事業規模を大きくして、将来的に個人事業主から法人設立を考えている方や、会計処理をしっかりしたい方は、ホームページの制作費を売上原価で処理しましょう。

ホームページの製作そのものが、事業ではない場合は、通常の経費として処理します。
商品の販売が目的のホームページの製作費用は、「広告宣伝費」や「通信費」の勘定科目にします。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

-帳簿・勘定科目・複式簿記

関連記事

初めての確定申告、決算整理のやり方、個人事業主の会計処理

確定申告へ向けての決算整理。棚卸しと在庫管理、年をまたぐ取引の仕訳、帳簿のチェック、固定資産の整理、減価償却費の計算。

Q&A、レシートと領収書の疑問解決!こんな時どうする?

Q.Amazon、楽天、ネット通販の領収書はどうする?、Q.屋号は略称でいいの?、Q.どんなレシートでも証拠書類として大丈夫?、Q.昔の領収書が出てきたらどうする?

マイカーを経費に、自動車の費用で節税

ちょっと銀行で、仕事上の入金や振り込みをする用事がある。こんな時に自動車を使っていれば、立派な事業用の自動車になります。自動車の費用は、家事按分して事業の経費にできます。

所得税、住民税の支払い、勘定科目は「事業主貸」仕訳の具体例、個人事業主の複式簿記

所得税と、住民税の支払いは、事業の必要経費にできません。個人事業主の会計処理では、「事業主貸」の勘定科目を使います。事業主貸の逆が、事業主借の勘定科目です。複式簿記の仕訳を、具体例で、丁寧に、紹介します。

友達との飲食代も接待交際費。事業で必要だと説明できればOK。

個人事業主の接待交際費のポイントは、事業に必要だと説明できるかどうか。それで経費になるか、ならないかが決まります。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。