扶養を活用

健康保険・年金の扶養認定130万円の壁、厚生省の通知で決まってます。

主婦が働く時の「年収130万円の壁」の根拠となる通達です。

健康保険と国民年金の扶養認定の年収基準130万円。

主婦の社会保険料は、夫の扶養に入れば、支払う必要はありません。
この健康保険と国民年金の扶養認定の基準となるのが、年収130万円。

主婦がアルバイトやパートで働いた時の年収が、130万円以上になると、夫の扶養から外れ、国民健康保険と国民年金へ別途加入が必要になります。
その場合には、約30万円程度の保険料の支払い負担があるので、ギリギリ130万未満で抑えるより、130万円以上の収入の方が、逆に損しちゃうことになります。

主婦が働く時に立ちはだかる、年収130万円の壁。
この130万円の壁は、法律ではなく、厚生省の通達で決まっています。

主婦にとっては重大な基準ですが、法律ではなく、通達だけで決まっているんです。

収入がある者についての被扶養者の認定について(厚生省通知)

昭和五二年四月六日
保発第九号・庁保発第九号
各道府県知事あて厚生省保険局長・社会保険庁医療保険部長通知

健康保険法第一条第二項各号に規定する被扶養者の認定要件のうち「主トシテ其ノ被保険者ニ依リ生計ヲ維持スルモノ」に該当するか否かの判定は、専らその者の収入及び被保険者との関連における生活の実態を勘案して、保険者が行う取扱いとしてきたところであるが、保険者により、場合によっては、その判定に差異が見受けられるという問題も生じているので、今後、左記要領を参考として被扶養者の認定を行われたい。
なお、貴管下健康保険組合に対しては、この取扱要領の周知方につき、ご配意願いたい。

1 被扶養者としての届出に係る者(以下「認定対象者」という。)が被保険者と同一世帯に属している場合
(1) 認定対象者の年間収入が一三〇万円未満(認定対象者が六〇歳以上の者である場合又は概ね厚生年金保険法による障害厚生年金の受給要件に該当する程度の障害者である場合にあっては一八〇万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の二分の一未満である場合は、原則として被扶養者に該当するものとすること。
(2) 前記(1)の条件に該当しない場合であっても、当該認定対象者の年間収入が一三〇万円未満(認定対象者が六〇歳以上の者である場合又は概ね厚生年金保険法による障害厚生年金の受給要件に該当する程度の障害者である場合にあっては一八〇万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入を上廻らない場合には、当該世帯の生計の状況を総合的に勘案して、当該被保険者がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていると認められるときは、被扶養者に該当するものとして差し支えないこと。

2 認定対象者が被保険者と同一世帯に属していない場合
認定対象者の年間収入が、一三〇万円未満(認定対象者が六〇歳以上の者である場合又は概ね厚生年金保険法による障害厚生年金の受給要件に該当する程度の障害者である場合にあっては一八〇万円未満)であって、かつ、被保険者からの援助に依る収入額より少ない場合には、原則として被扶養者に該当するものとすること。

3 前記1及び2により被扶養者の認定を行うことが実態と著しくかけ離れたものとなり、かつ、社会通念上妥当性を欠くこととなると認められる場合には、その具体的事情に照らし最も妥当と認められる認定を行うものとすること。

4 前記取扱いによる被扶養者の認定は、今後の被扶養者の認定について行うものとすること。

5 被扶養者の認定をめぐって、関係者間に問題が生じている場合には、被保険者又は関係保険者の申し立てにより、被保険者の勤務する事業所の所在地の都道府県保険課長が関係者の意見を聴き適宜必要な指導を行うものとすること。

6 この取扱いは、健康保険法に基づく被扶養者の認定について行うものであるが、この他に船員保険法第一条第三項各号に規定する被扶養者の認定についてもこれに準じて取り扱うものとすること。


節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単


これで私は青色申告しています。


たくさん税金払うの好きですか?

-扶養を活用

関連記事

夫の死後の妻、いくらもらえる公的手当。国の制度を活用、遺族年金、母子家庭手当。

もし、旦那が死んだら、妻の収入はどうなるのか?、夫死後を試算してみます。 突然の夫の死、残された妻に支給される手当は? このページの目次 1、遺族基礎年金 2、遺族厚生年金 3、児童手当 4、児童扶養 …

Q&A、青色申告の妻の利益がいくらまで、夫の配偶者控除OK?

夫の配偶者控除、青色申告なら年間103万円です。白色申告の場合は38万円。社会保険の扶養の場合は130万円です。

個人事業主が、小規模企業共済を節税で使う3つの理由

まずは加入して、最安の掛金月額1,000円を支払い、加入期間を伸ばす。年間利益が約300万円まで、所得税と住民税を非課税にできる。

青色申告のメリット、夫の扶養に入りやすい。主婦と青色申告が最強の理由。

主婦には、扶養というお得な制度があります。青色申告は、扶養制度を活用しやすいメリットもあります。これが主婦と青色申告の組み合わせが、最強の理由です。

夫の死亡時、妻40歳以上で子供あり、遺族厚生年金の中高齢の寡婦加算はどうなる?、徹底解説。

遺族厚生年金の「中高齢の寡婦加算」を徹底解説します。 このページの目次 1、中高齢の寡婦加算とは 2、わかりにくい、年金機構の説明文 3、中高齢の加算の根拠、厚生年金保険法 4、中高齢の加算「条件その …

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

これで私は青色申告しています。


これで私は青色申告しています。