家族への給料、経費にして節税。青色申告のメリット、事業専従者制度

   

家族へ給与を支払って、節税できる制度が、青色事業専従者制度です。

180204001

青色申告は、家族に給与を払って節税できる。

青色申告だけの特典です。

家族への給与を全額、事業の経費にして、節税できる。
青色申告なら、こんな嬉しい制度が、一定の条件で認められます。

個人事業主の究極の節税、専従者給与の制度を、上手に活用して、しっかり節税しましょう。

一般の従業員へ給与を支払う場合は、どうする?

家族以外でも、誰かを雇う時は、税務署への届出が必要です。

家族以外の他人を雇用して、給与を支払う場合は、「給与支払事務所等の開設届出書」を税務署に提出すればOKです。

家族以外の従業員を雇用した場合の給与の支払いは、全額が経費になります。

しかし、個人事業主が、家族へ支払う給与は、細かく条件が決められています。
給与を受け取る家族のことを、青色事業専従者と言います。


たくさん税金払うの好きですか?
節税テクニック公開中
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。

青色事業専従者の条件と手続き方法

次の3つに当てはまる人だけが、青色申告の専従者給与の対象者の条件です。
  1. 青色申告する個人事業主と、生計を一にする配偶者や親族
  2. 年齢が15歳以上(その年の12月31日現在)
  3. 年間の半分以上は、事業に専ら従事していること。

この3つの条件に当てはまる家族だけが、青色事業専従者になることができます。

年齢が15歳に満たない子供が、どれだけ事業を手伝っても、その子へ支払った給与は、事業の経費としては、認められないのです。

青色事業専従者の手続きの方法

税務署への手続きが必要です。

家族へ支払う給与を事業の経費にするには、「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出します。

提出期限は、専従者給与を支払う年の3月15日まで。

確定申告と同時の提出ではなく、確定申告の期限の1年前が提出期限です。
期限の考え方は、「青色申告承認申請書」と同じですね。

年間の途中で、専従者を雇った時は、雇用から2ヶ月以内に提出すればOKです。
3月15日の期限を過ぎても、翌年まで待つ必要はありません。

また、従業員を雇うのが初めての場合には、この2つの書類も一緒に提出します。

  1. 給与支払事務所等の開設届出書
  2. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

専従者への給与の支払い方法と金額

青色事業専従者への給与は、事前に上限金額を届出します。

家族従業員である専従者への給与は、基本的に「青色事業専従者給与に関する届出書」で決めた、月額や賞与の時期の通りに支給します。

専従者へ支給する給与は、届出書で決めた金額が、給与支給額の上限になります。
青色事業専従者への給与は、勝手に届出書の上限を超えて支払うことが、できません。

たとえ、届出書の上限を超えて支払ったとしても、青色事業専従者への給与は、事業の経費にすることができません。

届出書の給与支給額の上限の範囲内であれば、給与を減らすことは、構いません。
仕事量が少ない場合は、支給額を減額して構いません。

また、仕事をしていなければ、給与を全く支給しなくても構いません。

支給方法の変更や、支給額の上限を増やしたい場合は、変更届出書を税務署に提出します。

一般の従業員であれば、仕事量に応じて、給与の支給額を増やすことが、もちろん可能です。

青色事業専従者の給与の金額はいくら?

給与の金額は、社会通念上、妥当な金額が条件です。
  • 業務内容や労働時間の状況
  • 事業の種類や規模、経営上の収益の状況
  • 他の従業員への給与水準の状況

このような状況から、労務の対価として、妥当と認められる金額だけが、経費にできます。

税務署から過大な金額と判断されると、必要経費になりません。
節税のためだけに、労働実態がない給与や、過剰な金額を支払うのはやめましょう。

青色事業専従者の関連記事


041106.001
青色事業専従者の条件、家族への給料を経費に。認められる条件


041107.001
記入例とポイント、青色事業専従者給与に関する届出書。画像で具体的に丁寧に


041108.001
青色申告、家族への給与は、いくらがお得?住民税の観点で考える。


041111.001
保険の対象?青色事業専従者と一般の従業員、どっちが有利?


041401.001
専従者給与、青色申告決算書の勘定科目、決算書の記入例

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。


たくさん税金払うの好きですか?
節税テクニック公開中
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。



節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

人気の記事

041304.001 1
持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税OK。

持ち家を事務所兼用にする個人事業主、自宅で仕事をしていれば、事業で使用する割合が経費にできます。いわゆる在宅ワークの方ですね。

節税テクニック公開中 2
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。生活費を経費にする裏技

節税テクニック、生活費を経費にする裏技 持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税 ...

170103-36k 3
裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

 - 節税テクニック・生活費を経費に, 雇用・外注・法人化, 青色申告のメリット