MFクラウドの無料フリープラン、領収書999枚までOK?毎月の仕訳15件でもレシート無制限!

      2018/03/16

ずっと無料で続けられる、クラウド会計アプリが「MFクラウド」です。

MFクラウドの無料プラン、これがポイント。

クラウド会計アプリの「MFクラウド」では、無料プランでも、決算書や確定申告書の作成などが可能です。

しかし、MFクラウドの無料プランでは、毎月の仕訳が15件以内という制限があります。

ただ、1ヶ月にレシートや領収書が何枚あっても、集計して合計金額を一括で仕訳すればOKなんです。

この秘密の裏技で、ずっとフリープランで確定申告を続けることができます。

知ってますか?、MFクラウドのフリープランは、レシート領収書の枚数は無制限なんです。

まずは、このMFクラウドの画面を見てください。

この仕訳では、1件の仕訳の中に、16種類の勘定科目をまとめて入力しています。
さらに、1種類の勘定科目には、1ヶ月分の合計金額を入力しているんです。

161230-47j

例えば、消耗品費としては、1ヶ月分のレシート30枚の合計金額を入力しています。

この入力方法を使えば、1ヶ月分のレシートや領収書が999枚でも、9999枚でも、たった1件の仕訳として、処理できるんです。

まとめて入力したら、それぞれのレシートを集計した「明細表」を作って、レシートをまとめて保管すればOK。

小規模な個人事業主であれば、ほとんどの人が、毎月の仕訳が15件以内という制限があるMFクラウドのフリープランでも、大丈夫だと思います。

これがレシートの枚数が無制限で入力できる、MFクラウドのフリープランの活用方法です。

MFクラウドのフリープランとは?

1612131-sdb

<MFクラウド公式HPより>

  • 機能を試してみたい方
  • 毎月の仕訳件数が15件以内の方

このMFクラウドのフリープランの紹介では、2つの特徴が書いています。

毎月の仕訳が15件以内であれば、個人事業主の決算書と確定申告書が、ずーっと完全無料で作成できます。
  • 無料期間の制限なし、何年でも使える。
  • 個人事業主の決算書が作成可能
  • 青色申告に対応した、損益計算書、貸借対照表もOK。
  • 青色申告での確定申告書を一式で印刷可能。

他のクラウド会計サービスの、無料プランとの比較です。

この3つが、クラウド対応の会計アプリ、御三家です。
  • 1、やよいの青色申告オンライン(業界最大手)
  • 2、freee(初のオンライン対応アプリ)
  • 3、MFクラウド

MFクラウドの他の、クラウド対応の会計アプリの無料プランを紹介します。
比較をすると、MFクラウドのフリープランが、圧倒的な理由が、よくわかります。

「やよい青色申告オンライン」の無料体験版
  • 無料期間は、2ヶ月で終了。
  • 決算・申告機能は利用できない。
  • サポートは一切なし。

最大でも2か月間しか、無料では使えません。
そして、決算と申告機能が使えない、と言うことは、無料体験版では確定申告ができないってことです。
操作方法などを試したい人向けの、単なる体験版ってことですね。
ただし、操作方法を教えてもらいたくても、サポートは一切ありません。
これじゃダメですね。

「クラウド会計ソフトfreee」の無料お試し
  • 30日間無料、データ保持期間30日
  • 申告機能は利用できない。
  • メールサポートは利用可能。

無料期間が30日、データ保存期間も30日だけです。
確定申告機能が利用できないので、当然、無料お試しでは確定申告はできません。
このfreeeも、単なる体験版ですね。実務は有料版じゃないとダメです。

結局、無料で確定申告できて、メールサポート付き、何年でもずっと使えるのは、MFクラウドだけなんです。

MFクラウド「無料プランvs有料プラン」の比較です。

MFクラウドには、3つのプランがあります。

MFクラウドの無料プランは、他の会計アプリとの比較では、圧倒的にお得でしたが、MFクラウドの無料プランと有料プランと比較してみます。

個人事業主の会計処理や確定申告に対応したMFクラウドには、3種類のプランがあります。
サポートが、それぞれのプランによって違っています。

  • フリープラン
  • ベーシックプラン
  • 電話サポート付きベーシックプラン

フリープランでも、メールサポートがついていて、メールでの問い合わせには対応してくれます。
ベーシックプランでの問い合わせは、メールに加え、チャットにも対応しています。
電話サポートがあるのが、最上位のプランです。

私も何度かフリープランのメールサポートで質問しましたが、翌日には回答のメールを送ってくれます。

ただ、フリープランでも登録から30日間は、チャットサポートでも対応してくれます。
操作方法などがわからない場合は、30日間はチャットがあるので、リアルタイムですぐに回答をもらえます。
30日間あれば、ほとんどの操作方法は覚えられるはずです。

161231-j2b
<公式HPより>

これが弱点、デメリット。MFクラウドのフリープラン。

ズバリ弱点は、データエクスポート機能がないこと。

MFクラウドのフリープランは、圧倒的に良心的なサービスですが、無料プランである以上、弱点があります。
それが、帳簿のデータをクラウドから出力する機能の、データエクスポート機能がないことです。

データエクスポート機能がないと、どんな時に不便なのかというと、他社アプリに乗り換える時に、データを引き継げません。

将来的にも、MFクラウドを使い続けるなら、なんの問題もありません。

ただし、将来的に、MFクラウド以外の、他社のサービスへの変更が、難しくなります。

例えば、3年間、確定申告でMFクラウドのフリープランを使って、4年目で「やよい青色申告オンライン」に移行する時に、過去3年分のデータを引き継げなくなります。
しかし、紙に印刷した決算書や確定申告書は、残りますし、PDFファイルも当然残ります。
前年までの終了した個別の仕訳データって、普通は見返す必要はありません。
どうしても、4年目で「やよい青色申告オンライン」に移行したい時には、新規に初期設定を手入力すれば、いいだけです。
ただ、MFクラウドに慣れたら、使いやすくて便利なので、他社のアプリに乗り換えようとは、考えないと思いますよ。

当たり前ですが、MFクラウドの無料プランから有料プランの変更では、過去のデータも全て引き続き使えます。

フリープランを提供する目的って、ユーザーに有料プランへ変更してもらうためなので、MFクラウドのアプリのままで、無料から有料へ変更すれば、何も問題ありません。

何年もフリープランを活用して使い倒した時には、ここまで太っ腹のMFクラウドに感謝して、気持ちよく有料プランに変更しちゃいましょう。

まずは、無料プランでMFクラウドを体験しましょう。

MFクラウド公式HP、無料プランの登録画面です。

<その1>

もちろん、無料プランでは、クレジットカードは登録しません。安心ですね。

17122301

<その2>

銀行口座は、後回しでOK。操作に慣れてからでも登録できます。

17122302

<その3>

「無料で試す」をクリック。

17122303


MFクラウド公式HPへ

MFクラウドの無料プランは、下のリンクから申し込めます。

170108_mf2_


人気の記事

041304.001 1
持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税OK。

持ち家を事務所兼用にする個人事業主、自宅で仕事をしていれば、事業で使用する割合が経費にできます。いわゆる在宅ワークの方ですね。

節税テクニック公開中 2
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。生活費を経費にする裏技

節税テクニック、生活費を経費にする裏技 持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税 ...

170103-36k 3
裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

 - 青色申告・確定申告