個人の複式簿記、費用の支払いの仕訳、後払い、前払、カード払い、銀行引落し

      2018/02/05

個人事業主の費用の支払い、帳簿の仕訳、10の具体例です。

節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

費用の支払いの仕訳

事業の経費の支払い、帳簿の仕訳を、具体例で紹介します。

仕訳の具体例1

コピー用紙を、現金500円で購入した。

借方

貸方

消耗品費 500

現金 500

  • 費用の部、消耗品費がかかる。
  • 資産の部、現金が減る。

事業に必要な消耗品を、現金で購入した時の仕訳です。
左の借方には「消耗品費」の勘定科目、右の貸方に「現金」の勘定科目です。

消耗品費以外でも、現金で買い物した場合には、この仕訳を何度も使います。
このパターンの仕訳が、費用の支払いの基本です。

消耗品費の勘定科目

事務用品などを購入した時は、消耗品費の勘定科目を使います。
プリンターインクや文房具など、使うとなくなるものが、消耗品費です。
また、10万円未満の物、使用期間が1年未満の物なども、消耗品費になります。
パソコンを購入しても、10万円未満なら消耗品費になります。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

前払いの、費用の支払いの仕訳

事業の経費を前払いした時の、帳簿の仕訳の具体例です。

仕訳の具体例2

パソコンを予約注文し、前金で現金8万円支払い、翌月に受け取った。

注文した時の仕訳

借方

貸方

前払金 80,000

現金 80,000

  • 資産の部、前払金が増える。
  • 資産の部、現金が減る。

受け取った時の仕訳

借方

貸方

消耗品費 80,000

前払金 80,000

  • 費用の部、消耗品費がかかる。
  • 資産の部、前払金が減る。

先払いで購入した費用の仕訳です。
パソコンを購入していますが、価格が10万円未満なので、消耗品費の勘定科目を使います。
なお、10万円未満という金額は、原則として、消費税込みの金額です。

商品を予約・注文して、前金を支払った時には、左の借方には「前払金」の勘定科目、右の貸方に「現金」の勘定科目です。
この時点では、現金が減って、帳簿上の前払金の資産が増えるだけで、費用は発生していません。

商品を受け取った時には、左の借方には「消耗品費」の勘定科目、右の貸方には「前払金」の勘定科目です。
商品を受け取ったので、前払金を清算して、この時点で消耗品費の費用が発生しています。

前払金の勘定科目

内金、前金、手付金、申込金、予約料金など、あらかじめ商品を受け取る前に、代金の一部や全部を支払うことがあります。
その時に使う勘定科目が、前払金の勘定科目です。

前払金は、青色申告決算書の資産の部の勘定科目です。
前渡金とも呼ばれますが、青色申告決算書では、前払金という名称を使います。

仕訳の具体例3

7月に事務所の火災保険2年分、4万円を振り込んだ。

複数年にわたる費用の支払いです。

借方

貸方

損害保険料 10,000
前払金 30,000

普通預金 40,000

  • 費用の部、損害保険料がかかる。
  • 資産の部、前払金が増える。
  • 資産の部、現金が減る。

2年分の火災保険料を支払った時の仕訳です。
火災保険の保険料は、青色申告決算書では損害保険料の勘定科目を使います。

7月に支払ったので、今年の保険料は7月から12月までの半年分です。
4万円のうち、1万円が今年の費用になります。
そして、2万円が翌年、1万円が翌々年の経費になります。

翌年以降の経費の3万円は、前払金の勘定科目で会計処理します。
左の借方には損害保険料と前払金の勘定科目、右の貸方には普通預金の勘定科目です。
この時点では、1万円だけ費用が発生しています。

翌年の仕訳はこうなります。

借方

貸方

損害保険料 20,000

前払金 20,000

左の借方には「損害保険料」の勘定科目、右の貸方には「前払金」の勘定科目です。
これで、前払金を清算して、2万円分の費用が発生します。
翌々年には、1万円分の同じ仕訳をすることで、残りの前払金を清算して、1万円分の費用が発生します。

前払金、前払費用の勘定科目

ここ具体例の仕訳は、先払いの火災保険料、「前払金」の勘定科目を使っています。

保険料など継続した期間の経費で、一部の期間の費用が翌年以降の経費となる場合は、「前払費用」の勘定科目が一般的に使われます。

「前払金」は、まだ商品を受け取っていない場合や、まだサービスを全く受けていない場合に使われる勘定科目です。
この2つの勘定科目には、厳密には違いがあります。

しかし、青色申告決算書には、前払金の勘定科目は、はじめから書かれていますが、前払費用の勘定科目はありません。
前払費用を多く使う事業であれば、自分で勘定科目を追加します。

あまり前払費用の勘定科目を使わない個人事業主であれば、ここでの仕訳の具体例のように、前払費用の勘定科目は、前払金に含めて使っても問題ありません。
法人と違って、個人事業主の場合は、青色申告決算書にある勘定科目を、なるべく使ったほうが、シンプルになって第三者が見た時にわかりやすい帳簿になります。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

後払いの、費用の支払いの仕訳

事業の経費を、後払いで支払う仕訳の具体例です。

仕訳の具体例4

取引先との飲食代をツケにして、翌月に現金2万円を払った。

飲食をした時の仕訳

借方

貸方

接待交際費 20,000

未払金 20,000

  • 費用の部、接待交際費がかかる。
  • 負債の部、未払金が増える。

飲食代を支払った時の仕訳

借方

貸方

未払金 20,000

現金 20,000

  • 負債の部、未払金が減る。
  • 資産の部、現金が減る。

いわゆるツケで飲食した時の仕訳です。
取引先が同席の飲食では、接待交際費の勘定科目で、経費にできます。

飲食した時点で、代金の支払いはまだでも、費用が発生します。
飲食した時の仕訳は、左の借方には「接待交際費」の勘定科目、右の貸方には「未払金」の勘定科目です。
この時には、まだ代金は支払っていませんが、未払金の負債が発生すると同時に、接待交際費の費用が確定します。

そして、代金を支払った時には、左の借方には「未払金」の勘定科目、右の貸方には「現金」の勘定科目です。
この時の仕訳では、未払金の負債を解消するだけです。

未払金の勘定科目

未払金は、後払いで購入した場合に使う勘定科目です。
ただし、販売目的の商品を後払いで購入した時は、買掛金の勘定科目を使います。

同じ後払いでの購入でも、販売目的の商品以外で使うのが未払金、販売目的の商品だけは買掛金、この違いがあります。
未払金は、青色申告決算書の負債の部の勘定科目です。
もちろん、買掛金も同じく負債の部です。

接待交際費の勘定科目

取引先が同席した飲食代は、接待交際費の勘定科目を使います。
取引先への手土産や、お祝い金、お中元やお歳暮などの贈り物、飲食代などが、接待交際費です。

法人では、年間の接待交際費に上限がありますが、個人事業主の場合は、年間の接待交際費に上限はありません。
いくら使っても、事業の経費にできちゃいます。
ただし、使いすぎには注意しましょうね。

仕訳の具体例5

旅行代理店で出張のチケットを受け取り、出張が終わって、翌月に5万円を振り込み、振込手数料が200円かかった。

チケットをもらった時

借方

貸方

旅費交通費 50,000

未払金 50,000

  • 費用の部、旅費交通費がかかる。
  • 負債の部、未払金が増える。

代金を振り込んだ時

借方

貸方

未払金 50,000
雑費 200

普通預金 50,200

  • 負債の部、未払金が減る。
  • 費用の部、雑費がかかる。
  • 資産の部、普通預金が減る。

後払いでの費用の支払いの仕訳です。
後払いでは、負債の部の「未払金」の勘定科目を使います。
出張の費用は、「旅費交通費」の勘定科目を使います。
銀行の振込手数料は「雑費」を使っていますが、「支払手数料」などの勘定科目を自分で追加していれば、そちらを使いましょう。

代金が未払いでも、チケットを受け取った時点で、負債が確定して、旅費交通費の費用が発生します。
この時の仕訳は、左の借方に「旅費交通費」の勘定科目、右の貸方に「未払金」の勘定科目です。

次に、代金を振り込んだ時の仕訳は、左の借方に「未払金」と「雑費」の勘定科目、右の貸方に「普通預金」の勘定科目です。振込手数料がかかったので、費用の部の「雑費」が発生します。

旅費交通費の勘定科目

出張や移動にかかった費用は、旅費交通費の勘定科目を使います。
電車やバスなどの交通費、ホテルなどの宿泊料金などが、旅費交通費です。
自動車で移動した場合は、高速道路代やガソリン代、駐車場代も旅費交通費にして構いません。

銀行引落しでの、費用の支払いの仕訳

事業用の銀行口座から引き落としの場合の、仕訳の具体例です。

仕訳の具体例6

商品パンフレットを作成し、パンフ納品の翌月に、事業用銀行口座から代金8万円が引き落とされた。

受け取った時の仕訳

借方

貸方

広告宣伝費 80,000

未払金 80,000

  • 費用の部、広告宣伝費がかかる。
  • 負債の部、未払金が増える。

銀行口座引き落としの時の仕訳

借方

貸方

未払金 80,000

普通預金 80,000

  • 負債の部、未払金が減る。
  • 資産の部、普通預金が減る。

後払いの銀行口座引き落としの仕訳です。
銀行口座からの引き落としでも、後払いの振込支払いと、基本的に同じ仕訳になります。
商品を受け取った時点で、未払金の負債が確定し、費用が発生します。

商品パンフレットの作成は、「広告宣伝費」の勘定科目を使います。
作成したパンフレットを受け取った時には、左の借方に「広告宣伝費」の勘定科目、右の貸方に「未払金」の勘定科目です。
この時点で、広告宣伝費の費用が発生するので、未払金の負債を計上します。

次に、代金が銀行口座からの引き落とされた時の仕訳は、左の借方に「未払金」の勘定科目、右の貸方に「普通預金」の勘定科目です。
この仕訳で、未払金の負債を清算しています。

広告宣伝費の勘定科目

広告宣伝費は、売上を増やす目的の、広告や宣伝の費用です。
商品チラシやパンフレットなどの作成や配布、不特定多数に配布する無料サンプル、商品名入りのボールペンなどの費用が、広告宣伝費です。

商品の販売増加だけでなく、会社のイメージ向上などが目的の費用でも、広告宣伝費の勘定科目を使います。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

カード払いでの、費用の支払いの仕訳

事業用クレジットカードで支払う場合の、仕訳の具体例です。

仕訳の具体例7

プリンターを、事業用のクレジットカードで購入し、翌月に事業用銀行口座から代金4万円が引き落とされた。

購入した時の仕訳

借方

貸方

消耗品費 40,000

未払金 40,000

  • 費用の部、消耗品費がかかる。
  • 負債の部、未払金が増える。

代金引き落としの時の仕訳

借方

貸方

未払金 40,000

普通預金 40,000

  • 負債の部、未払金が減る。
  • 資産の部、普通預金が減る。

事業用のクレジットカードで事業の経費を支払った時の仕訳です。
カードを使って購入した時点では、費用が発生しますが、未払金の負債が増えるだけで、お金は減りません。

クレジットカード代金が、銀行口座から引き落とされる時に、実際のお金は減っています。
そのため、仕訳も2段階になります。

購入時点の仕訳は、左の借方に「消耗品費」の勘定科目、右の貸方に「未払金」の勘定科目です。
この時点で、費用が発生しています。

銀行口座引き落とし時点の仕訳は、左の借方に「未払金」の勘定科目、右の貸方に「普通預金」の勘定科目です。
ここで未払金の負債を清算します。

この仕訳は、事業用のクレジットカード、事業用の銀行口座での支払いの場合です。
クレジットカード払いでも、プライベート用のカードで支払い、引き落としの銀行口座もプライベート用ならば、違う仕訳になります。
プライベート用のカードの場合は、事業主借の勘定科目を使います。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

生活費で立替えた、費用の支払いの仕訳

事業主の生活費で、事業の支払いを立て替えた場合の、仕訳の具体例です。

仕訳の具体例8

ボールペンを、生活費から立替えて100円で購入した。

借方

貸方

消耗品費 100

事業主借 100

プラーベートな生活費を使った時には、「事業主借」の勘定科目を使います。
事業用の現金の場合は、現金の勘定科目ですが、事業主の立替え払いでは、事業主借になります。

左の借方に「消耗品費」の勘定科目、右の貸方に「事業主借」の勘定科目です。

事業主借の勘定科目

事業主借は、個人事業主が事業用の費用を立て替えた時に使う勘定科目です。
個人事業主が事業への資金を提供した時にも、事業主借を使います。

逆に、個人事業主が事業用の資金を、個人的に使った場合は、事業主貸の勘定科目を使います。

自営業の個人事業主は、事業の利益であっても、最終的には一個人として、確定申告を行います。
そのため、事業の利益であっても、すべて自分のものにできますし、事業に資金提供して回収できなくても、すべて自己責任なのです。

仕訳の具体例9

通信費5千円を、プライベート用の銀行口座から振り込んだ。

借方

貸方

通信費 5,000

事業主借 5,000

プライベート用の銀行口座から支出した場合は、「事業主借」の勘定科目を使います。
事業用の口座と個人用の口座が区別できていないと、帳簿の金額が合わないので、必ず区別しましょう。

仕訳の具体例10

消耗品費3万円を、プライベート用のクレジットカードで購入した。

借方

貸方

消耗品費 30,000

事業主借 30,000

プライベート用のクレジットカードでの購入であれば、「事業主借」の勘定科目を使います。
カードでも、現金でも、プライベートの立替えの支払いなら、すべて事業主借で会計処理します。

プライベート用のカードでも、銀行口座からの引き落としは、後日になりますが、仕訳は1回だけです。
事業用のクレジットカードのように、一旦未払金で処理してから、2段階での仕訳は不要です。

会計処理や帳簿は、アプリを使いながら覚えましょう。

いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。

会計処理は、難しくて面倒に感じますが、自分で実際に帳簿を作ってみるのが、一番早く覚える方法です。
会計アプリを使えば、誰でも簡単に帳簿が作れますよ。


これで私は青色申告しています。
青色申告、会計アプリで簡単
これが私の会計アプリ、青色申告もあっさりでした。
いろいろ悩むより、会計アプリを無料で試してみましょう。


たくさん税金払うの好きですか?
節税テクニック公開中
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。



節税テクニック公開中 帳簿・勘定科目の悩み解決 青色申告の方法 青色申告、会計アプリで簡単

人気の記事

041304.001 1
持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税OK。

持ち家を事務所兼用にする個人事業主、自宅で仕事をしていれば、事業で使用する割合が経費にできます。いわゆる在宅ワークの方ですね。

節税テクニック公開中 2
今するやるべき節税のテク、27のリストを公開中です。生活費を経費にする裏技

節税テクニック、生活費を経費にする裏技 持ち家で仕事、6つの費用を経費にして節税 ...

170103-36k 3
裏技で節税、個人事業主の経費にできない国民年金と国民健康保険。秘密の方法を大公開

国民年金と国民健康保険の保険料は、個人事業主の事業の経費にできません。その盲点をついた裏技を知っていますか?
秘密の節税方法を大公開します。

 - 帳簿・勘定科目・複式簿記